10日間療養して分かった日常生活の大切さを書いてみる

10日間療養して分かった日常生活の大切さを書いてみる

どうもひログです!

今日はとっても元気ですよー!

なんせ虫垂炎の治療が全て終了したからです。

それにしても療養生活が長かった…。

もちろん休みなので、何してもオッケーなんですが、何だか煮え切らない気持ちでいっぱいでした。

まあ皆さんももう分かると思いますが…かなり暇でした。w

a1390_000018_m

スポンサーリンク

まさかの虫垂炎!それからの療養生活…

まず、私は高校を卒業して社会人になりました。

それから普通に働いて、普通にお休みを頂いて楽しく過ごしていたわけなので、ながーい連休といっても年末年始の5連休が最大でしょうか。

ということで、今回は不覚ながらも10連休の療養生活でした。w

しかし元気な訳ではないですし、急に仕事を休むことになったので、ハッキリ言って会社の方にも親にもかなり迷惑をかけたので、あまりいい気分ではなかったですね。

それにしても10連休って…

長い。

異様に長い。

GWで5月病なんてことがありますが、この気持ちわからんでもないなと感じました。

しかも、みんなが休みというわけでもないので、一人ポツンとただひたすら時間を過ごす感じが何とも言えない…w

ただ、せっかくの休みなので有意義に過ごすことを心がけましたよ。

取りあえず昼寝が出来た

私は結構インドア派です。

出かける時はひたすら外で遊びますが、基本的に家が好きです。

そしてゴロゴロするのが大好きです。

しかし、普段私は連休がないのであまり昼寝はしません。

ちょっと疲れていてもすぐに出かけます。

今回連休でしたので、朝早起きして、しっかりご飯を食べて行動した後、昼寝をしました。

実家は風通しがものすごく良いので、名古屋も30度を超える日の連続でしたが、居心地が良かったです。

まだ虫垂炎の部分の傷も痛んだため、昼寝が何より気持ちよかった。

おかげで連休後半は昼寝を我慢したんですが、辛くてしょうがなかったです。w

 映画が見れた

私は海外ドラマが大好きです。

一つに魅力として、一話が43分程で終わるからです。

映画は約2時間以上画面に拘束されてしまいますので、よっぽど暇がない限りは最近見ません。

しかし…今回はかなり暇なんですよ。w

友達と遊んでも良いのかもしれませんが、私はどうしても『療養』という先生の言葉が響いて、友達と遊ぶということはしませんでした。

遊んで熱でも出たらまた入院しかねませんので。w

ということで本当にこの10日間は実家で療養することを選びました。

この選択も大人になったなぁと感じます。

以前だったら余裕で夜中まで遊んでいたなぁと。w

そして実家には特に何もありません。

一人暮らしを始めてもう1年半は過ぎたので、必要なものは全て自宅に持っていってしまったからです。

ギリギリのタイミングでiPadを持ってきていたので、良かったですが、何もなかったらひからびていたかもしれません。w

さて今回は映画を本当に久しぶりに見ました。

見た映画はアべンジャーズです。

個人的にアイアンマンシリーズが大好きなので、アメリカのスーパーヒーローが集結しているということもあり、かなり面白い2時間15分でした。

映画を見たら昼食を食べて、気づいたら寝ている…なんてことがかなりありましたね。

親ってやっぱすげえなと思った

私はもう成人を迎えて2年経ちますが、盲腸といえども手術には親と一緒に説明を受けなければなりませんでした。

私の親は共働きで、お互い本当によく働くなあと感心しています。

そんな中、すぐに二人が病院に駆けつけてくれたことが本当に嬉しかったのを思い出します。

やはり親には感謝しなければなりません。

というか負担をかけ過ぎていてたまに落ち込むくらいです。w

療養ということで、一人でいるのが少々不安でしたので、実家に帰ったわけですが、朝食、昼食、夕食と母が作ってくれるわけですよ。

まだ実家に住んでいたときは当たり前だと思っていたことですが、これがどれだけありがたいことなのかが、分かりました。

一人暮らしになって栄養が傾いたのは明らかです。もしかしてこれが盲腸の原因か?!

毎日感謝のしっぱなしでした。

必ず親孝行をしたいと思える10日間だったかもしれません。

良いことも悪いことも考える時間があった

今回時間が大量にあったので、ごろっとすることが多かったですが、結構いろいろなことを考える時間にもなりました。

やはり療養中で体も本調子ではないためか、いつもよりネガティブなことを考えることが多かったような気もしますが、落ち込んでいてもしょうがないので、毎日楽しもうと意識していました。

友人に「今月ツイてないね」と言われました。

しかし個人的にそんな感情が全くないので、そう言われてびっくりしてしまいました。

確かに虫垂炎にもなり個人的にも色々あったわけですが、特にツイてないと思ったことはありません。

むしろ常に良い方向に向かっていると勝手に思っている私なので、「休む機会と考える機会がもらえてありがたい」なんて思っていました。

『物は考え方(捉え方)次第』なんて言葉がありますが、本当にそうやな。と。

最近は悪いことも考え方次第で何とかなると気づいたので、この連休も楽しく過ごすことが出来ました。

連休を過ごして気づいたこと・まとめ

やはり日常生活はとても大切だなと気づきました。

普段している生活から急に離れると不安になりますね。

あととっても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

「気にしなくても良いよ」って言葉は大変ありがたいですが、やはり気になってしまいます。

そういうのが嫌な人が独立して行くのかなぁとちょっと思ったり。

でも私も気持ちを切り替えてしっかり療養させて頂けましたので本当に良かったです。

そして、私は温泉とか銭湯大好き人間なのですが、ちょっとお腹を切ったことあり、少し今は抵抗があります。w

どんだけチキン野郎なんだとみんなに良く言われますが…。あしからず。

こんなひログですが、来週から仕事も復帰して、本当の日常生活に戻ります。

最初は体力のなさを痛感しそうな気もしますが、がんばるしかない!ですね。



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK