電気料金の支払い用紙を紛失してしまった場合の対処法

電気料金の支払い用紙を紛失してしまった場合の対処法

私は一人暮らしをし始めてもうすぐで三年になりますが、まだ電気料金やガス料金は口座振替やクレジットカード決済にしたことがありません。

というのも、私は月の光熱費を毎月決めて、銀行からあらかじめお金を出しておくタイプで、残ったら貯金にまわしたり、光熱費が予想よりオーバーしていたら、その分お小遣いから減るスタイルです。

これは結構自分の中では確立したスタイルになっており、おかげで使い過ぎもありません。

しかし、今月に入って、初めてやってしまったんですよ…。

今月も電気料金とガス料金は予想を下回り、「よーし!支払いに行こう!」とニコニコしていました。

ん…。

あれ…。

電気料金の支払い用紙がない…。

どこを探しても出てきません。

その時気づいたのです!

ガス料金はまず料金のお知らせだけが毎月来て、その後支払い用紙が届くのですが、誤ってガスのお知らせ用紙と電気料金の支払い用紙を一緒に捨ててしまったんですよ。w

最近はとことん無駄を省くようにしており、料金などもメモをしたら捨ててしまうのですが、今回は出かける用事があったときに急いでゴミとして捨ててしまいました。w

ということで電気料金が払いたくても払えない状態に陥ってしまいました…。w

そんなときにちゃんと期日内に支払えるようにする対処法を身をもって体験しましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

意外と焦る!支払い用紙の紛失…落ち着いて対処しよう!

今まで一人暮らしでもこのような失敗はなかったので、なくしたときは色々な場所をひっくり返しながら探しましたが、見つからない…。

どう考えても捨ててしまったな…と。w

ひたすら探す

さて、どうしたものか…と思ったんですが、払う意欲がある人に「なにやってんだよ!」なんて言う電力会社はいませんよね。w

ですので、用紙を再発行してもらおう!と考えました。

まずは自分の住んでいる場所の電力会社の営業所を確認する

私は愛知県に住んでいるので、中部電力さんの電気を大切に使わせて頂いております。

しかし、中部電力と言っても、地区によって営業所が異なるため、通常ですと支払い用紙に営業所の電話番号が記載してあります。

ただ、その肝心な支払い用紙がない…。w

ということで、まずは中部電力の公式サイトへいって、営業所を調べることから始めました。

営業所を調べるのは非常に簡単で、名古屋ですと中川・港などの区で営業所が別れています。

用紙をなくしてしまった場合はまず、自分の住んでいる場所を頭に入れて、電力会社から営業所を探しましょう。

私は残念ながらGW期間に用紙が自宅にないことに気づいたので、すぐに連絡したかったのですが、土日と祝日は電話がつながりません…とのことでした。

焦ってなかったですが、気分的にモヤモヤしてしまって「早く払いたい〜」なんて気持ちに犯されてしまいました。w

早速自分の住んでいる場所の担当の営業所に連絡する!

さて、自分の住所を担当している営業所の電話番号が確認できたら、電話をかけましょう。

中部電力さんは非常に対応も素晴らしくて、私的には結構困った事件だったのですが、たまにあるんでしょうねーこういう案件が。w

スムーズに色々なことを教えてくれました。

そして、「こんな方法で支払うことも可能なのか!」とビックリしたこともあったのです。

紛失したら二種類の方法で支払えるって…知ってた?

私はもちろん用紙をなくしてしまったので、「支払い用紙を再発行してほしいんですが…」という形で相談させてもらいました。

ですが、再発行だと地味に郵送で時間がかかりすよね。

そして早期徴収期間がもうギリギリまで迫っていましたので、出来るだけ早く支払いたい…というのが本音でした。

もちろん担当者さんからは「再発行できますよ!」とのことでしたが、「コンビニにある機械で番号を入力するだけですぐ支払える方法もありますが…」という情報も教えてくれました。

「え?コンビニで番号を入力?」と支払い用紙でしか電気料金を支払ったことがなかったので、そんな方法があるとは驚き。

そして地味に精神的に焦っていた(焦る必要なし)のでその方法で支払うことにしました。

超簡単!電気料金の支払い用紙をなくしてもコンビニでその日に支払い!

まず、担当者さんにコンビニのチケットなどを購入する機械で入力する11桁の数字を教えてもらいました。

その11桁の数字と確認数字4桁をメモしておきます。

そして、いざ仕事帰りにコンビニの機械へGO!(セブンイレブンは対応していませんでした)

チケット購入機械-支払い

こんな感じで、自分の使用している電力会社の電気料金のお支払いというものがあるので、そちらをタップして、後は電話で教えてもらった番号を入力します。

支払い明細

すると、このような形で電気料金の支払いの確認ができました!

あとはレシートが出てくるので、それをコンビニの店員さんに渡して、お金(クレジット不可)を支払えば終了です!

いやー簡単でよかった…。

無事に終了

ひログまとめ

今回初めて支払い用紙を紛失してしまうという失態を犯しましたが、しっかりと営業所を確認して、電話をすれば、再発行も簡単にできますし、手間な再発行が嫌な場合は私が今回挑戦した、数字を入力してお支払い…なんて方法も用意されているようです。

なんでもかんでも捨ててはいけませんね…反省。w

ですが、焦らずに(実際かなり焦ったが)対処することができ、よかったです。

もし、今手元に支払い用紙がなくなってしまったら上記の方法を試してみて下さいね!



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK