手触りが最高で機能的な『sot/ソット』の袋縫いミドル皮財布の使用感レビュー

手触りが最高で機能的な『sot/ソット』の袋縫いミドル皮財布の使用感レビュー

二十歳の誕生日にポーターの財布を手に入れてから、とても使いやすい財布だったので、味も出来ていたこともあってなかなか財布を変える機会がなかったのですが、「さすがにボロボロでお金が貯まらなさそうだ…」と感じて来たので、思い切って財布を変えることに。

もちろん最初は大好きなポーターの財布に変更しようとしていたのですが、元々持っていた財布がポーターの中でも上位クラスのレザーウォレットでしたので、なかなかポーター専門店に行っても気に入る商品がありませんでした。

そんな時にたまたま年始にパルコへ行った際、とてもレザーのしっとり感が気にいるお店があったことを思い出して、行くことに。

そんな以前いいなぁと思っていたお店で今回「これだ!」という財布に出会いました。

お店の名前は「sot/ソット」というお店で、とにかくどの財布も手に馴染んで素晴らしいのです。

今まで財布は長財布と決めていたんですが、今回10年ぶりくらいに折りたたみ財布に変更致しました。

機能的にもデザインも使用して行った時の色の落ち方などもかなり期待が高まっております。

そんな「sot/ソット」の財布を購入致しましたので、ご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

手触り、カラー、機能面…どれも最高なソットの袋縫いミドル財布!

sot-財布説明

今まで何故折りたたみ財布が嫌だったかと言うと、お札が折れてしまうとお金が入ってこないということを何となく聞いたことがあったという点と、財布からお札を出した時にめっちゃ曲がって出てくるのが嫌だったという点です。w

そんなプライド?というか偏見を持ってずっと「財布は長財布」と決めておりましたが、今回そんな気持ちを変えるような財布に出会ってしまったわけです。

まず、お店で今回購入したミドル財布(通常の折りたたみ財布よりは少し大きい)を触った時に、皮のしっとり感が異常なほど手に馴染んで、ポーターの専門店では感じなかった「これや!」というものを感じた点です。

レザーって本当に使っていくうちに味が出て、購入した時と色はどんどん変わってきてそれが独特な雰囲気になる素晴らしいアイテムですが、最初ってイマイチしっくりこなかったり、何だか使いにくかったりするんですよね。

今回購入した財布は触った感触が柔らかくて皮の財布を触った中では初めての感覚でした。

ファッションの最先端と伝統の職人が共存しているTOKYO下町に拠点を置き、 『sexually』『luxury』『crazy』をキーワードにハイセンスなモノ創りを提案するブランドであるITADAKI。 当商品は、ITADAKIに別注をかけて作った、当店オリジナルの財布です。 ベースの素材には、クロームなめしのオイルレザーをシュリンク加工させた物を使用しております。 その素材に、ワックスを入れ込みアイロン加工を施したsot別注のレザーです。 ワックスアイロン加工を施すため、表面には、光沢感とワックスによる独特で美しい色ムラが現れています。 シュリンク加工によるシボも場所によっては残り、スッキリとしたデザインにすることで上品な雰囲気があります。 内側の素材には、「オイルバッケッタ」と呼ばれるベジタブルタンニンなめしのレザーにたっぷりとオイルを含ませたものを 使用しております。 2枚の革を外表に合わせて縫った後に裏返し、裁ち目を中に包むようにして縫い合わせる袋縫いという製法で作ることにより、 とても柔らかくふんわりとした質感のお財布に仕上がっています。

引用元:楽天市場 sot オイルワックス袋縫いミドル財布

この私が感じた柔らかいという感覚は、2枚の皮を特殊な方法で縫い合わせたため…のようですね。

なかなか一枚の皮では触った時に感じることができない感覚で非常に驚きました。

そして、オイルレザーを加工させたものをアイロン加工したものということで、確かに他では見かけないような光沢感がたまりません。

私はブルーに一目惚れしてしまいました。

またこのブルーの財布は使用していくとだんだんとネイビー色に変化していくそうです。

ですので、使用して行けば行くほど暗くなり、落ち着いた雰囲気にたどり着く…という革製品ならではの楽しみがあるなぁと感じました。

早速購入したsotの財布をチェック

sot-財布開封

箱に入っていたレザーのミドル財布。

購入した日に入荷してちょうどお店に並べた瞬間に私が購入する…という何とも不思議な縁のある財布になりました。

このサイズ、折りたたみ財布のように小さすぎず、メンズでもレディースでも使用できるサイズ感がたまりません。

sot-財布-リング付き

こちらの財布には様々な用途で使えるようにリングがついております。

ズボンなんかにぶら下げるのもありですし、私は財布単体で持って行くこともあるのでリング部分を持ってぶらぶらしたりしています。w

sot-ブランドマーク

そして財布を開けると『sot』のロゴマーク。

鳥が可愛らしくて、メンズではなくても良い感じですよね。

sot-カード入れ

そして財布を開けるとこんな感じ。

私は以前使用していた財布がボタンタイプではなく、レザーの尖っている部分を穴に入れてしめるタイプのものでしたが、一年半ぐらい使用した時に穴を作る部分が壊れてしまい、財布がしまらなくなってしまいました。

今回購入するときに「ボタンタイプにしよう」と思っていて、今回はボタンがしめる部分のにあるというのが高ポイントでした。

結局外にボタンがあると、使用しているうちにかなりダメージを受けて壊れてしまう可能性があるからです。(経験済み)

せっかくの革製品の財布ですから、長く使いたいため、中にボタンがあるタイプに致しました。

そして見た感じでわかるかもしれませんが、通常の折りたたみ財布よりも大きいためカードの収納スペースがかなり大きい点も魅力です。

折りたたみ財布の人でどうしてもカードが多くて、財布がパンパンな方を見ることがたまにあります。

財布が窮屈そうでかわいそうになってしまいますが、この財布ならまずカードは10枚まで正面部分に収納することができますよ。

sot-財布隠しスペース

そしてさらにカード収納スペースが裏側にもあるので、大切なカードは正面、クーポンやレシートなどは裏側という使い方をすることによってついつい折りたたみ財布にありがちなパンパン状態を防ぐことができます。

sot-カード収納

長財布に入れていたこれだけのカードも…。

sot-簡単収納

パンパンにならずに収納することができました。

個人的にこのミドルサイズの財布はありだと思います。

もしかしたら収納だけを考えると、長財布に匹敵するスペースが確保されている気がしますね。

sot-お札入れ-二箇所

そして大切なお札を入れる部分に関しても、2つに区切ってあるので、大きいお金(一万、五千札)は奥に、よく使う千円札は前にと言った感じで使用するとかなり買い物のときにスムーズです。

お金は最初に入れたお金の数を覚える…なんて言うので、今回ありったけのお金をお財布にいれました!w

sot-お気に入りポイント

そして私が気に入っているポイントは、小銭いれとお札入れ部分のデザインです。

レザーだけという感じではなく、ちゃんチェックシャツのようなデザインがあり、使用している時に可愛らしさが出ます。

この小さい気遣いがかなり良い!

ちなみにカード入れ部分も一つだけレザーの色が変わっており、アクセントになっているのも最高です。

職業柄運転免許証を出し入れすることが多いので、色が異なるカード入れの部分は運転免許証と決めております。w

ひログまとめ

  • とにかく皮=かたいイメージを覆す柔らかい仕上がり!
  • 色もオイルレザーの独特な光沢があり、使用していくと暗い色になっていく
  • 折りたたみ財布の収納不足を覆すカード入れの豊富さもウリ!
  • 細かい部分に可愛らしさがあり、使用している人も見た人もうっとりする財布

ちなみにまだ実践していませんが、ファスナーが付いている小銭いれの中は4つにわかれています。

そしてどの部分もカードが一枚は余裕で入るスペースがあるのです。

ということで、1つの部分によく使う定期券などのICカードを入れておけば、財布から出すことなく『ピピ!』とできる!はず!

まだチキンな正確なので試していませんが、柔らかい素材ですし、成功すると思います。

今回の財布は、購入したブルーの他に定番のキャラメル、渋いブラックの三色の展開です。

キャラメルもかなり明るい感じですが、使用しているうちに暗い感じになっていくので楽しそうですね。

手に馴染んで機能面も考えつくされた贅沢な財布!

そして今まで私の中で考えつかなかったミドルというサイズ感が想像以上にフィットしました。

財布に悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか?

今回の商品

長財布もある!



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK