初のオーガニックワックス!『ジョンマスターオーガニック』のスカルプティングクレイミディアムホールドを試してみた!

初のオーガニックワックス!『ジョンマスターオーガニック』のスカルプティングクレイミディアムホールドを試してみた!

ここ8ヶ月程、常にショートカットなんですが、その分、スタイリングワックスをしっかりつけてセットしないと、本当に角刈りになってしまいます。

そう!まさにスラムダンクに登場する赤木のような髪型に…!

それではいけないので、スタイリングワックスは毎日必ずと言っていいほど使用する必需品です。

皆さんは、オーガニックワックスというものがあるのをご存知でしょうか?

今流行っているオーガニックですが、ワックスまであるとは知りませんでした。

誕生日にいつもセンスのいいプレゼントを職場の方がくれるんですが、今回頂いたオーガニックワックスが香りも良くてセットもしやすかったので、紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

オーガニックのワックス!何だか調べてみると凄いことがわかってきた!

普段、皆さんはどのようなスタイリング剤を使用しているでしょうか?

私はドラッグストアで売っている安いワックスを使用することが多いです。

というのも「このメーカーではないとうまくいかない」という髪質でもないですし、取りあえずスラムダンクの赤木にならなければ良いからです。w

しかし今回プレゼントに頂いたものは『オーガニックワックス』というもの。

これは何だかものすごく自然な感じで良いものなんじゃ…と思いましたが、実際オーガニックって何だろう?と思ってしまいました。

オーガニックは国によって基準が異なったりするのでちょっとわかりにくい

例えば、『オーガニックとは』とGoogleで検索してみます。

するとある程度どのようなことか分かるのですが、日本では『JAS』のマークがついていたり、アメリカ総務省が認定するオーガニックは『USDA』というマークがあったり…とちょっと分かりづらいんですよね。

また、オーガニックと言っても、実際に私たちが食べるものなのか、それとも皮膚などに触れるものなのか…によって変わってきます。

オーガニックの野菜の場合

2000年、日本農林規格 (JAS) が改正され、農産物について有機農産物またはそれに類似した表示をするためには、農林水産省の登録を受けた第三者機関(登録認証機関)の認証による有機JASの格付け審査に合格することが必要となった。

これにより、有機農産物、また有機農産物を加工して作られた食品の名称(有機○○、オーガニック○○)の表示は「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」の適用を受け、認証先を記した「有機JASマーク」の表示が必要となり、違反した場合には罰則を受けることになった。

農林水産省の定める「有機農産物の日本農林規格」においては、3条で「有機農産物」が定義されており、その具体的な内容が4条において詳細に定められている。

なお、日本有機農業研究会は、「有機農産物の定義」として,「有機農産物とは、生産から消費までの過程を通じて化学肥料・農薬等の合成化学物質や生物薬剤、放射性物質、(遺伝子組換え種子及び生産物等)をまったく使用せず、その地域の資源をできるだけ活用し、自然が本来有する生産力を尊重した方法で生産されたものをいう」と定めている

2000年に日本農林規格が改正されて、有機農産物の定義というものが定められたんですね。

それ以前は、私たちもまだまだ有機農産物というものに対して知識もありませんでしたし、オーガニックという言葉もあまり聞いたことがなかったかもしれません。

オーガニックの野菜では、化学肥料や合成化学物質などを一切使用せずに生産されたもの…ということなんですね。

もちろん通常の化学肥料などが使われた野菜よりも私たちは『安全』なイメージと栄養素が高そうなイメージがあります。

しかし、その分コストもかかるので、まだまだ、毎日食卓に並ぶ野菜がオーガニック野菜となることはないかもしれません。

では、ワックスや化粧品に対してのオーガニックって?

私はオーガニックで最初にイメージしたのはやはり『野菜』でした。

まさかワックスまで『オーガニック』になるとは思っていませんでしたので…。w

そこまでする必要があるのかな…なんて思いましたが調べていくうちに納得してしまいましたよ。

オーガニック化粧品(オーガニックけしょうひん)は自然由来の成分を中心に配合し、化学的な成分を全く使用せず、またはごく少量のみ使用して作られ、「人間の肌が本来持つ自然治癒力を助長、回復させることに着目したスキンケア用品」と自主的にうたっている化粧品である。

化学成分を含むものに比べ低刺激だとうたっており、アトピーなどの皮膚病患者や敏感肌の人にとって副作用が少ない場合もあるという利点がある。

化粧品の品質を長持ちさせる添加物まで使用していないものも多く、開封後1~2週間や2~3ヶ月が使用期限に設定されているものもある。

こちらも野菜と同様科学的な成分を使用しないということがオーガニックという言葉になっていくようです。

今はテレビCMなどでも◯◯を使用していない…などのシャンプーやボディソープが放送されていますね。

特に日本の人は『科学〜』という言葉に敏感な気がします。

化学物質というものが体に悪いというイメージがあるみたいですね。

私もそういうイメージがあります。

もちろんケースバイケースで化学物質が入っているものも使用しますし、「オーガニックじゃないと死んじゃう」なんてことはないです。w

それでもこれだけ日本でも海外でも流行しているのはみんな『美』や『健康』に対して今ものすごく注目されているからなんでしょうね。

今回プレゼントに頂いた『ジョンマスター』のワックスもオーガニックのこだわりあり!

今回せっかくプレゼントで頂いたので、実際にジョンマスターがどのような基準でオーガニックワックスが作られているのか調べてみました。

ジョンマスターのオーガニックの基準がすごい!

  1.  すべての商品は70~100%オーガニック原料を使用しなくてはならない。
  2.  ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、DEA、MEA、TEAは使用しない。
  3.  遺伝子組み換えされた原料は使用しない。
  4.  石油系化学物質は使用しない。
  5.  動物実験はしない。
  6.  合成着色料、合成香料、合成増量剤は使用しない。
  7.  すべての植物エキスやエッセンシャルオイルは、できるだけオーガニック認証されたものでなければならない。
  8.  すべてのエッセンシャルオイルは、水蒸気蒸留されたもので、エッセンシャルオイルの性質を損なうプロピレングリコールでの抽出はしない。
  9.  すべての植物油は冷却圧搾法で採取し、植物油のセラピー効果を損なう加熱抽出はしない。
  10.  すべての原料は髪と肌に効果があることを証明しなければならない。
  11.  すべての原料は環境に優しい方法(ワイルドクラフト)で収穫されなければならない。
  12. すべての原料はできるだけ生分解性のあるものでなければならない。

12の基準があり、それをクリア出来なければ、ジョンマスターのオーガニックシリーズにはならない…ということですね。

本当にこだわりにこだわり抜いている基準で特に11番目の環境に優しい方法で収穫…という部分にまで力をいれているのが素晴らしいですね。

まさに自然と共存しながら、自然のありがたみを知りつつ、ヘアーセットをする…なかなかここまでのことを考えたことはありませんでした。

でも人間も自然のもののがイメージ的にも実際使ってみても体に負担は少ないと思います。

今回プレゼントと言う形で頂きましたが、オーガニックのワックスというものに対してのイメージが変わりました。

早速ジョンマスターのオーガニックワックスを使用してみる

ジョンマスターワックス使用

今回頂いたのは『ジョンマスターオーガニックスカルプティングクレイミディアムホールド』という商品です。

開封して驚いたのは、普段購入するワックスはいつでも柔らかくてすぐに手に馴染むんですが、ジョンマスターのワックスはとにかく最初はパリパリでビックリしました。w

もう1つ驚いたのは『香り』です。

サロンワックスなどは『香水のような香り』がするものが多い気がします。

しかしジョンマスターのオーガニックワックスは『ラベンダーのような自然な香り』がするんです。

成分を見てみるとレモンの果皮油というものが入っていました。

ラベンダーじゃない…。w

でもこの匂い本当に良い香りで蓋を開けた瞬間びっくりしました。

オーガニックワックス-手に馴染む

力を少し入れて、表面を割ると中はしっとりな感じ。

手に馴染ませると、普段使っているようなワックスと何も変わりませんでした。

オーガニックだから手に馴染まなかったり、髪に動きが出なかったりしたら問題ですが、特にその問題もない感じです。

ちなみにクレイとは?

クレイとは、パックの基材につかう主成分が珪酸アルミニウムのモンモリロナイトやカオリンなどの粉末粘土のこと。

クレイには産地や成分により実にさまざまな種類があり、効能もそれぞれある。

主な働きは、毛穴に詰まった余分な脂分や老廃物を除去する、ミネラル成分を肌の細胞・組織に浸透させ新陳代謝促を促す、肌本来の弱アルカリ性に導き、肌に適切な緊張と弾力性を保つ、殺菌、美白など。

クレイは、顔以外にボディエステにも使われる。

クレイというと何だかあまりツヤのないイメージをしていましたが、そんなことはなく、良いこと尽くしの成分でした。

ちなみに今回のワックスには、クレイの成分になるカオリンというものが含まれています。

実際に使ってみた!

実際にジョンマスターオーガニックスカルプティングクレイミディアムホールドを使用して、ヘアーセットしてみました。

ジョンマスターヘア正面

こちらが上からの写真。

結構しっとりと髪に馴染む感じで、セットがしやすくてビックリ!

これをオーガニックではなく、普通のスタイリング剤と言われてもわからないです。

なので本当にオーガニックだからセットしにくいということはないと思います。

ジョンマスター横

こちらは横からみた感じ。

束感もありますし、動きも出やすかったです。

ショートは特に動きがないとただの角刈りになってしまいますし、私は直毛の直毛なのでこういう動きの出るワックスがあると非常に助かります。

ひログまとめ

今まで、オーガニックワックスというものを使用したこともありませんでしたし、あまりワックスにこだわりはなかったんですが、このジョンマスターオーガニックスカルプティングクレイミディアムホールドを使用して「これからもオーガニックがいいかも!」と思える感じでした。

一番印象に残っているのは何と言っても香りですかね。

良いラベンダー(実際にはレモン)の香りがして、セットしているときからウキウキしちゃいます!

オーガニックに興味がある方や、ワックスにこだわりがある方も是非一度試してみてはいかがでしょうか?

私はあまりワックスに興味はありませんでしたが、そんな私でも「いいかも!」と思える商品です。

頭皮に対して不安がある方なんかもジョンマスターの12の基準をしっかりクリアしたオーガニックワックスなら安心して使えそうですよ!

今回の商品



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK