金沢市内を観光するなら自転車レンタル『まちのり』を使用してみるといいよ!

金沢市内を観光するなら自転車レンタル『まちのり』を使用してみるといいよ!

金沢市の素晴らしいところは、観光名所が金沢駅からそれほど距離のない辺りに密集していることだと思います。

ですので、車がない旅行者でも、一日で色々な場所に行けるのも金沢の魅力だなあと感じています。

さて、今回初めて金沢へ行ったのですが、みなさんは『まちのり』という自転車レンタルシステムをご存知でしょうか?

スポンサーリンク
旅行には公共交通機関がベターだった私

私は結構公共交通機関を駆使して旅行をするのが好きですので、京都などにいってもひたすらバスの時刻表やマップを調べて目的地に行くことが多いです。

金沢市内も有名な名所『兼六園』などに行くバスも豊富で素晴らしいです。

ただ、最近は体を動かすことに目覚めているので、自転車を使ってみてはどうだろうかと考えました。

Google先生で『金沢 自転車』と検索するとトップに出てくる金沢レンタサイクル『まちのり』が気になって、色々調べてみると、とても魅力的なシステムだったので、今回ご紹介したいと思います。

料金が格安で、使い方のルールもまちのりは魅力的

レンタサイクルというと、どういうものをイメージしますか?

私は店舗に行って、お金を払って、そのまま使用して帰りに同じ場所に戻ってくるものだと考えていました。

ただ、金沢レンタサイクル『まちのり』は少し面白い利用方法なんですよ。

  1. まず、最初にデポジット料金と使用料金を支払う。(クレジットカードも使用可能)
  2. ICカードを渡されたら、そのICカードを使用して決められたまちのり駐輪場なら好きな場所に止めて、他の好きなまちのり駐輪場から出発できる。
  3. 移動時間は30分以内ならどこへ行ってもOK。ただし、30分以内でまちのり駐輪場に戻ってこられない場合は、30分以降毎に別途料金が発生する。

以上が『まちのり』のルールです。

ルール1のデポジットというのはよくある話なんですが、ルール2の好きな場所に止めて、他の場所からも乗ることが出来るのはかなり魅力的ですよね。

ルール3の30分以内というのも結構面白いです。

実際金沢市は自転車でもそこまで距離を走らなくても良いので、一回の上限が30分でも余裕があります。

これだけのルールを守れば、何と200円で一日済んでしまいますので、かなり便利です!

実際に使用してみた

説明文だとあれなので、写真を使って説明したいと思います。

10131563914_1a5f39d663_c

こちらが自転車を使用する時に必要になるICカードです。

『まちのり』は金沢市内のホテルのフロント(一部のみ)や金沢駅から歩いて徒歩5分のまちのり事務局で申し込みが可能です。

受付を済ますとこのICカードを貸してくれます。

10134184764_03bb36d8e1_c

こちらは近江町市場からすぐの『まちのり』十間町駐輪場。

黄緑色の看板が目印で、結構目立つので、マップ通り運転すれば迷うことなく行けました。

ただ、兼六園の駐輪場は少し分かりにくい場所にあるので、近くまで行ったらタクシーの運転手さんや、総合案内の受付の方などに教えてもらうと良いかもしれません。

10134190464_20f0af3f94_c

こちらが『まちのり』のレンタル自転車です。

かごもついていて、変速機もついているので、坂道も割と楽チンでした。

また、金沢市内は自転車専用の道も結構あるので、苦手な方にもおすすめです。

10148491044_92a61254d5_c

こちらがICカードで施錠を解除する部分になります。

青いランプの時は使用可能です。

10148726413_3984bcb4d5_c

こんな感じでICカードをかざすと、青いランプが点滅して「ピーピー」と音が鳴ります。

音がなり始めたら、自転車を引っ張ってスタートです。

スタートしてから30分以内にこのような駐輪場を探して、駐車します。

駐車は押し込むだけなので、非常に簡単でしたよ。

10148780863_d154f78d84_c

少々見づらくてすいません。w

これを見ても分かるように主要な部分(兼六園、21世紀美術館、109など)の付近には、必ず駐輪場があるので、安心して『まちのり』を使用することができますよ。

そして、使い終わったら、最後に止めた駐輪場の端末で、清算ボタンがあるので、そちらで手続きをするとレシートが発行されます。

そのレシートとICカードを20時前の場合はまちのり事務局に、20時以降は最寄りの『まちのり』と連帯しているホテルなどに持っていくと、デポジットされたお金が返却されます。

まちのりを使うときのポイント

まず、ロックを解除する前に必ず、次に行く駐輪場のマップを確認した方がいいです。

解除後に「えーっと…」とやっていると30分ということもあるのか何故か焦ってしまいます。w

まあ実際15分くらいで着く場所に駐輪場があるので、特に焦る必要もありませんが…。w

あとはしっかりサドルの高さを確認しましょう。

私は足が短いので、一度コケそうになりました…。w

サドルの高さの変更のやり方は普通の自転車と同じなので、簡単です。

また、駐輪場が満車の場合でも、鍵をかけて駐輪場にある端末を使用すると、駐車されたことになるシステムがあるので、それも忘れずに確認しておくのが良いと思います。

その他細かいルールや利用条件などの内容は『まちのり』の公式ホームページをご覧下さい。
金沢レンタサイクル「まちのり」

 

 

 

涼しい季節にはこの『まちのり』はぴったりだと思います。

是非一度使ってみてくださいねー!

料金の詳細

料金は基本料金が200円です。

デポジットで800円必要なので、最初に支払う金額は合計1000円になります。

使用終了後にレシートとICカードを持っていくと800円返金されます。

また、30分以上駐輪場に止めないと、以降30分毎に200円かかるので、ご注意を!



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK