高速の渋滞なしで来れるめいほうスキー場で総滑走距離5000メートルを堪能してきた!

高速の渋滞なしで来れるめいほうスキー場で総滑走距離5000メートルを堪能してきた!

今シーズンは暖冬で雪不足…ですがそれでもウインサースポーツは楽しみたいですよね!

というかもっと降ると思っていたので、普通にめいほうスキー場の前売りリフト券を購入していました。w

今シーズン初!リフトが全部動くという日にめいほうスキー場へ行ってきましたので、ご紹介しましょう!

スポンサーリンク

スキー場の山以外は秋のよう…だが人工雪もしっかりしていて頂上からのロングクルージングはさすがめいほう!

今シーズン三回目となるスキー場はめいほうスキー場。

西日本でも5000mのロングクルージングができる場所はありませんのですごいですよね。

ただ、今年は雪不足でなかなか営業ができない状態が続いていたようで…結局去年は行くことができませんでしたが、最近はしっかりと冷え込んでいることもあってリフトが全て動くということで駆けつけました!

到着したのは朝の7時10分頃。

この日は近くのダイナランドで花火大会があるので意外と空いている…なんていうのは甘かったですね。w

営業前から100台以上の車がすでに到着しており、かなり賑わっていました。

めいほう-中部

朝9時過ぎの様子。

朝はとにかく天気がよくて、雲が全く無い時間帯もありました。

しかし、よく見て頂くとわかるようにリフトは長蛇の列ですよねー。w

一番下から上がるリフトもそれなりに混んでいるのですが、頂上にいくリフトは15分〜20分待ちくらいです。

しかも朝で!w

土日はすごい混むんですねぇ。

ボードでターンが出来ない方は山頂は禁止らしいですが、明らかに初心者の方も多く山頂にいたので、注意が必要ですね。

山頂-めいほう

こちらはα5000のスタート地点。

景色を見る限り、まるで秋のようでした。w

ですが、コースにはしっかりと雪があって、山頂の気温はマイナス8度!

かなり冷え込んでいるので、雪質もサラサラで頂上から滑ると下のガリガリな感じに驚くくらいでした。

コンディションは山頂は最高です。

そして今週は寒波が来たようなので1月の三周目はとても気持ちよく滑れること間違いないでしょうね。

ちなみに山頂に皆さんが行くので、意外と『第四クワッドリフト』が穴場でガラガラでした。

ここはまだ雪質がそこまでよくはありませんでしたが、幅もそれなりに広くて人が少ないのでかなり気持ちよく滑ることができる環境でしたよ。

土日の混雑で衝突事故などが怖い方は第四クワッドリフトがおすすめです。

ひログまとめ

始めてめいほうスキー場へ行きましたがとにかく距離が長い!

滑ることに慣れてきている方ならこのロングクルージングはやみつきになりそうです。

ただ、まだ長い距離を滑るのに慣れていない方は足がつりそうになるかもしれませんね。w

基本的に土日は皆より2時間早い行動を取ることをおすすめします。

私は営業開始前に到着し、昼食は9:45〜10:30くらいまでの間に済ませて、ひたすら滑って、13時に終了して、めいほうスキー場の下にある温泉、湯星館で500円で天然温泉に浸かって…自宅に帰ってきたのは16時過ぎでした。w

しかしこのプランだととても空いているので非常に楽に帰ってくることもでき、やりきった感よりまた来たいくらいの感じで終われるので、「めいほーさいこー」ってなると思います。

今シーズンまだ雪山へ行っていない方は今週末はもうサラサラな雪の上を滑ることができそうなので是非いってください。

めいほーさいこーの公式サイト

岐阜奥美濃|めいほうスキー場[2015-2016 SEASON]



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK