岐阜県の岐阜県美術館で展覧会を見てきたよ!

岐阜県の岐阜県美術館で展覧会を見てきたよ!

ひログ@hilog_designです!

今日は休日ということで岐阜県美術館にやなせたかしさんの展覧会を見てきました。

スポンサーリンク

岐阜美術館の感想

美術にはちんぷんかんぷんな私ですが、結構美術館の建築は好きです。

美術館の近くに行くと、その場所だけ異空間になっていて、なんだか不思議な気分になることができます。

なので、美術も楽しみながら、デザイン性のある建築も見れるので、たまーにですが、行くことがあります。

今日もたまたまお誘いを受けたので、始めて岐阜県美術館に行ってきました。

県民文化の森 岐阜県美術館|トップページ|

岐阜県美術館は緑に囲まれていてとても良い場所でした。

岐阜県美術館はJR東海道線『西岐阜駅』からも歩いて10分くらいですし、岐阜市のコミュニティバス『西ぎふ・くるくるバス』というバスが毎日運行しているのでアクセスしやすいです。

岐阜市コミュニティバス運行について/交通総合政策課/岐阜市公式ホームページ
料金はなんと大人100円!!小学生未満は無料!! 値段もお値打ちなので、かなり良いですよね。

 

 

今回はちょうどバスが行ってしまったので、乗ることが出来ず、徒歩で西岐阜駅から美術館まで行きました。

IMG_0645

岐阜美術館の入り口です。この他にも入り口があります。

さっそく自然豊かな感じがします。

IMG_0647

本日はやなせたかしさんの展覧会『やなせたかしと詩とメルヘンのなかまたち』を見に行きました。

やなせたかしさんと言えば『アンパンマン』が有名過ぎますが、アンパンマンが有名になったときは既に50歳を過ぎていたそうです。

それ以前にも『詩とメルヘン』という雑誌を編集されており、今回はこの雑誌がメインの展覧会でした。

私はやなせたかしさん=アンパンマンというイメージしかないので興味がありました。

今ではアンパンマンは子供向けでみんなのヒーローになっていましたが、絵本やアニメ化される前は大人のためのヒーローという感じの怪傑アンパンマンという題名だったそうです。

残念ながら展示物は撮影できないので、紹介はできませんが、かなり面白いアンパンマンの作品が並んでいました。

IMG_0648

岐阜県美術館は本当に緑に囲まれているので、とても自然を感じることが出来ます。

正直一番暑い時間帯に行ったので、かなり暑かったですが…。w

IMG_0649

こんな感じでオブジェもありました。

やはり美術館ですねー!こういうのが何だか不思議な気持ちにしてくれます。

美術館の建築などは本当に奥が深そうですし、見ていて楽しいです。

今回はやなせたかしさんの展覧会

今回記念撮影を出来る場所のアンパンマンとカレーパンマンの絵を撮影することが出来ましたのでアップしたいと思います。

IMG_0651

これ、写真だと伝わらないかもしれませんが、ものすごい大きさです。w

とても迫力がありました。

しかし、アンパンマンの優しさがにじみ出ている絵だなあと思いましたね。

さて、今回の展覧会はアンパンマンを考えた方ということもあり、子供連れのお客さんも多かったです。

素晴らしいなあと感心したことは、美術館と言えば若干説明文が堅苦しい感じですが、今回の展覧会では、子供もたくさん来るであろう!ということなのか、子供の目線に合わせてひらがなを多用した説明文がありました。

この気遣いが素晴らしいです。

しかも私も結構説明文を飛ばしがちなので、結構子供向けの説明文を見ていました。ww

まだまだ子供なのかもしれません。ww

もう一つビックリしたことは、今回の展覧会の目玉の雑誌『詩とメルヘン』にはプロもアマチュアも同じように扱い、絵や詩を載せる変わった雑誌ということだったのですが…

そんな中なんと!

私が卒業した高校の大先輩がこの雑誌に載っているじゃありませんか!!w

いやーすごい良い学校を卒業したなあと思いました。w

本当にビックリ。

私にも芸術センスがある…のかは不明ですが、とっても嬉しかったです。

紹介の仕方や展示の仕方はとても工夫がされており、見やすかったです。

ついつい、いつもパパッと見てあっという間に終わってしまうのですが、今日は始めて一時間くらい見ていました。

素晴らしい展示会でした。

また他にも美術館巡りしてみたいです。

岐阜県美術館の詳細

開館時間

10:00〜18:00

展示室の入場は17:30まで

電話番号

058-271-1313

マップ

岐阜市宇佐4‐1‐22

やなせたかしさんの展覧会

やなせたかしと『詩とメルヘン』のなかまたち
詩とメルヘン絵本館15周年特別企画

2013年6月14日(金曜)から8月4日(日曜)まで



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK