トヨタテクノミュージアム産業技術記念館は子供と大人のロマンであふれてたよ!

トヨタテクノミュージアム産業技術記念館は子供と大人のロマンであふれてたよ!

今回は子供と大人のロマンで溢れている!見るのも体験するのもよし!『トヨタテクノミュージアム産業技術記念館』へ行って参りました!

スポンサーリンク

【トヨタテクノミュージアム産業技術記念館って?】

名古屋市西区にあるトヨタグループが運営する企業博物館です。

1911年に建設され1918年にレンガ造りに改装された建物「豊田自動織布工場」を工場建物に利用しようよー!

てことで作られた建物です。

建物の中には、子供が満足いくまで遊べる『テクノランド』や大人でも勉強になる『繊維機械館』、『自動車館』などがあります。

【早速行ってみましたよ!】

まずはこちら!

KIMG0386

蒸気機関のが展示されています。

蒸気機関車ではありませんよ!

紡織機の原動力として動いていたスイスのスルザー社製の蒸気機関だそうです。

KIMG0251

これをパワーに工場は稼働していたんですねー!

ちなみに時間が合えば、蒸気機関が動いているときに説明を受けながらみることも可能です。

【お次はテクノランド!】

さーてやって参りましたよテクノランド!

KIMG0253 ここは本当に子供からしたら最高に楽しいと思います。

個人的に名古屋市科学館に匹敵すると思います。

一部を紹介しますよー!!

KIMG0268 樹氷をつくろう!ということで、自転車をこいでそのパワーでケースの中の木を凍らして行くものです。

KIMG0269

こちらがその木です。

こげばこぐほどこの木が白くなっていきます!子供達はみんな必死で凍らせていました。w

KIMG0282

お次はウォータージェットシュート!

個人的にこういうシューティングゲーム大好きです。

ディズニーとかでもこういうの絶対外せないタイプです。

KIMG0286

こんな感じで赤く光るライトに対して、水鉄砲を打って点を稼いでいきます。

なかなか面白くて、みんな熱中していました。

KIMG0296

こちらの風に向かって立ては、ものすごい暴風を体験できるコーナーです。

風速15メートルを体験することが出来ます。

KIMG0299

ものすごい風なんですよ本当にww

実際に入ってみましたが、恐ろしい風でした…。

子供が怖くて入れない…なんてことにも対応しており、中にはセーフティゾーン(風がこない場所)があります。

KIMG0306

こちらはテクノサーキットです。

床に表示された道路を走ることにより、子供のときから、車の運転を体験できてしまうなんとも素晴らしい体験ゲームです。

大人気のため、結構人が並んでいました。

まだまだ他にもたくさんのアトラクションがあります。

本当に子供は満足いくまで遊ぶことが可能ですよ!

大人も納得の体験型ゲームなので、楽しいと思います。

※小学校入学前のお子様は必ず保護者同伴になりますのでご注意を!

ふう…遊び疲れた…なんて方はカフェはいかがですか?

KIMG0385

お昼にはお弁当なども販売されるため、持参しなかった方でも安心です。

【さて次は工場を見学してみました!】

テクノランドだけでもかなり楽しめますが、もちろん工場見学は素晴らしいものがあります。

KIMG0315

まずは『繊維機械館』からスタートです。

一歩中に入ると広さに圧倒されます。本当にものすごく広いです。

そして、大正・昭和時代に使用されていた機械がずらー!っと並んでいますよ。

KIMG0316

まず一番最初に目に入る機械の無停止杼換式豊田自動織機です。

とても保存状態が良いので、隅から隅まで綺麗でした。

KIMG0319

こちらは繊維の紹介です。

それぞれ使う用途が異なるため、詳しい内容が細かく展示してあります。

繊維ってこんなにも種類があったのか…と正直驚きます。

KIMG0331

こちらは現代で使用されている機械です。

時間帯によって、係員の方が実際に機械を使ってパフォーマンスをしてくれます。

これが結構細かい説明で楽しいです。

ざっと紹介しましたが、ハッキリ言って『繊維機械館』だけでも1時間以上は余裕で見ることが出来ます。

本当に機械の状態も良く、実際に使用しているところを目で見ることが出来るので、面白いです。

【トヨタといったら自動車でしょ!自動車館に行ってきた!】

KIMG0340

愛知県に住んでいる以上、この自動車館は見ておくべきかもしれません。

それだけクオリティが高いですし、何しろ展示している量が半端ない。

少しでも車に興味がある人は楽しめると思います。

車だけではなく、道路のまめ知識なども展示してあり、面白かったです。

KIMG0341

入り口を入るとなんだか「トヨタかっこいいぞおい…」って気持ちになると思います。

力はいってるな!って感じが伝わってきました。

まずは、1934年に作られた自動車の試作工場のお出ましです。

KIMG0346

昔はこうやってつくっていたんですね…とても大変な作業だったんだなあと。

KIMG0347

そしてこうやって試作自動車が出来上がって行くんですねー。

車のボディは今でも愛着がわく感じでした。さすがトヨタ!日産に乗っているのは内緒

KIMG0348 産業技術記念館の素晴らしいところは建物が再現されているところもありますね。

KIMG0349

試作工場の屋根まで再現されていました。

何が使用されているかも細かく説明が書いてありました。

さーて自動車館に行きますよー!

KIMG0350

ひろーーーーーーーーっ!!!!!

こんなに広いとは…さすが世界のトヨタ!の記念館!

KIMG0352 車に詳しい訳ではありませんが、とにかく男としてワクワクするような部品の説明が満載でした。

こちらはいわゆるMT(ミッション)の仕組みです。

ボタンを押すと自動で動いて、とても仕組みが分かりやすかったです。

KIMG0365

こちらはエンジンの型を作っている模型です。模型といってもデカいので本当に全てに迫力があります。

KIMG0372

こちらは車内の構造です、エンジンルームにはこんなに大きいファンがまわっていたんですね!

通りでヴーーーーン!って言うわけだ!

KIMG0373もちろん現代の車!プリウスPHVも展示してありましたよ!

エンジンも見ることができて楽しいです。

KIMG0375

こちらはプリウスの内装です。色々な視点から車を見ることが出来るので本当に楽しかったです。

KIMG0377

これは子供でも触れる本物のハンドルです。

方向指示器までついているので、おもちゃ以上のクオリティがあります。

ちゃんとハンドルをまわすとカチカチと音もしますし、リアルでした。

KIMG0380

 個人的にすごい感動したのがこちらの世界の道路です。

日本以外の道路についても説明がしてあります。

確かにアメリカのハイウェイは写真の左側のようなものが一般的ですもんねー。

他にも、ヨーロッパは石畳の道路だったり…めちゃ面白かったです。

他にも、現代の自動車を作るために必要とする機械や、トヨタのエンジンの一覧が展示してあるスペース、他にも係員の方が車について説明してくれるブース、物作りを体験できるコーナーなど、本当に魅力がいっぱい詰まっています。

KIMG0382

ちなみに出口にはこんな感じで記念スタンプが押せる場所があります。

押す場所はパンフレットの裏にありましたよ!

 ひログまとめ

休日暇だなー。やることないなー。

じゃあいってみなよ!!

って感じです!

ちなみに駐車場も無料です!最高です!

さらに期間限定で変わる展示会もあるようです。

私がお邪魔したときはからくり人形などの展示会でした。

また、詳しい説明を係員の方が本当に丁寧に説明してくださるので、見ていて気持ちいいです。

係員の方がエレベーターを先回りしてボタンを押しておいてくれたのは本当に感動しました。

素晴らしい!感動!

一度は行ってみる価値はありそうですよー!

以上ライフひログレポートでしたー!

詳しい情報

住所

名古屋市西区則武新町4丁目1番35号

見学時間

9:30〜17:00(入館は16:30まで)

 休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合翌日)

 入場料

一般  500円

中学生 300円

小学生 200円

※詳しい割引の入場料などは産業技術記念館のホームページをご覧下さい。

http://www.tcmit.org/index.html

交通アクセス

電車

名鉄名古屋本線『栄生-さこう』駅より徒歩3分

地下鉄東山戦『亀島-かめじま』駅2番出口より徒歩10分

無料駐車場210台完備

マップ

名古屋市西区則武新町4丁目1番35号


スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK