チャオ御岳スノーリゾートにラクラク行けるJRプランを使用して滑ってきました

チャオ御岳スノーリゾートにラクラク行けるJRプランを使用して滑ってきました

もうスキー、スノーボードシーズンも終わりに差し掛かってきていますが、今年に入って、初めてスノーボードを経験しまして…。

一回目はとにかく何十回も尻もちをついて半端なかったですが、二回目に行くとなんと簡単に滑られるように。

見事に私もハマってしまって、「また行きたい!」と思うようになりました。

ですが、車での移動は本当にリスクも高いし…うーん…と思っていたら、名古屋市内でJRに乗車したところ、なんと一万円以下で往復の電車、バス切符、ゴンドラリフト券、レンタルセットまでついたお得なセットの広告があったんですよ。

「これは行くしかないやろ…」ということで実際にJRを利用して、チャオ御岳スノーリゾートに行ってまいりました。

スポンサーリンク

移動がとにかく楽ちん…そしてチャオはパウダースノー!帰りも電車でのんびり帰ってくることができるので、超おすすめ!

今年初めてスノーボードを経験して、ハマったのはいいものの、来シーズンにちゃんと良いボードの板、ブーツを購入しようと思っているので、実はウェアしかありません。

レンタルセットってどこへ行っても基本は4000円くらいかかりますよねー。

これとリフト券合わせて軽く一万円弱なので、結構コストがかかります。

また、複数人で行けばそれなりに自動車の料金も安くはなりますが、とにかく運転は集中力をかなり使います。

特に雪道になれていない私は本当に道路が真っ白な場所はできれば運転したくありません。

今回のチャオ御岳スノーリゾートは、かなり積雪も多い場所で、なんとゴールデンウィークに入る5月まで滑ることができてしまう、もはやウインタースポーツではなくなってしまうくらいの長いシーズンを楽しめるスキー場になっております。

ということは…道は半端無く雪道で、しかも結構長い。

実際に行った時も雪が半端無く降っていましたので、スリップしている車も(もちろんスタッドレスタイヤだけど)見かけました。

今回のJRで行くゲレンデプランはとにかく運転というストレスがないことと、レンタルセットまでついて一万円以下という点が最強すぎるのです。

ウェアは電車に乗るときも特に気にならない程度の荷物ですので、これは本当にお得!

雪山がかなり身近に感じるプランかと思います。

JRはもちろん特急+指定席!

さて、今回のチャオ御岳スノーリゾートのJRプランは、まず名古屋駅から特急しなの(長野県へ行く列車)で木曽福島駅へ向かいます。

木曽福島駅からチャオ御岳スノーリゾートまでバスが出ていて、そちらに乗車(もちろんプランに料金含む)して朝7時にJRに乗車しても10時前には到着する良いプランです。

チャオ-特急しなの

平日は朝7:00の特急しなの以外は選択不可のため、朝7時の列車に乗車。

指定席でのんびりと目的地まで行けるのは本当に楽です。

計算してみると、切符だけで2270円で指定席は2350円。

ですから、片道だけで約5000円するわけです。

もちろんこのプランは往復の移動込みで一万円以下…。

物凄いお得なことがわかってきます。w

ただ、列車はその列車限定の切符なので、乗り遅れると一発アウトというリスクもありますが、楽しみなイベントの電車にはなかなか遅れることもないでしょう!

特急しなの-中津川通過

電車での移動時間は約1時間半です。

車内販売はないので、乗車前に何か購入しておくのが良いですね。

そして、名古屋から乗車し、中津川を通過した辺りから、私が行った時はとにかくすごい雪でして…。

普通に線路にも積雪しているくらいでした。

3月に突入してしまえば、基本的には強風がない限り列車は動いていると思います。

そして、木曽福島駅に到着した後はすぐにチャオ御岳スノーリゾートへ行くバスに乗車します。

線路でこれだけの雪なので、道路はもっと半端無くて、真っ白でした。w

絶対私は運転したくないレベルでしたが、バスの運転手さんはプロですので、とにかくリラックスしてチャオ御岳スノーリゾートへ到着することができました。

バスの所要時間は一時間とちょっとでした。

チャオ御岳スノーリゾートに到着!吹雪でも余裕で何度も滑りたくなる最高のゴンドラ完備

先ほどもお伝えしたように、私は3月に行ったのですが、急にまた寒くなったときで、雪山の天気予報は一日雪。

ということで、チャオ御岳スノーリゾートに到着してからも、ほとんど太陽を見ることができない感じでした。

ですが、平日+雪多めということもあり、利用人数は少なめ。

どのコースを滑ってもとにかく貸切状態で最高なんです!

そして吹雪なのにすぐに「もう一回行こう!」となるには理由があります。

チャオ-ゴンドラリフト

それはチャオの山頂へ行くには、ゴンドラのリフトがある!ということです。

ゴンドラということで、通常のリフトと異なり、完全に個室なので、外が吹雪でも関係ありません。

全く体に雪も積もらないですし、平日ということもあり、八人乗りゴンドラは常にガラガラ…。

本当に私だけ?と思うくらい人も少ないので、プライベートで土地持ってる気分になるくらいでした。w

チャオ-ゴンドラ-外景色

こちらの写真はちょうど10時30分くらい。

ご覧のようにかなり雪が降っていました。

ですが、滑っている時もしっかりネックウォーマーなどで対策すれば顔も痛くないので、特に気にならないレベル。

そしてゴンドラが本当に楽ちんなので、寒さに耐えるという感覚は全くありません。

チャオ-貸し切りパウダースノー

チャオの雪質は本当に素晴らしいです。

今回でスキー場へ来たのは今年で三回目でしたが、今シーズン滑った中で一番さらさらでまとわりつかず、ボードのエッジを効かすとサラサラ!と音がするくらいでした。

また、吹雪いていることもあったので、二回目に同じコースを走っても、ほとんど道がまたキレイに積もってます。

おかげで雪の上というよりも雪の中をサラサラと滑っている…そんな今までにない感覚で滑ることができました。

パウダースノーを一度経験すると、本当にびっくりするくらい雪が好きになるかもしれませんね。

昼休憩ももちろんしっかりと

チャオ-ランチ

昼休憩は唐揚げ親子丼とビール。

普段運転が嫌いなわけではないので、運転をする機会も多いですが、今回は電車+バスなので、アルコールを摂取しても問題なし!

少し滑って疲れた体にアルコールは染みます…。

ノンアルコールビールもあり、前回は運転手だったためノンアルコールビールでもうまいと感じましたが、それ以上に最高に気分があがりました。

夕方になると晴れ間も!

チャオ-晴れ間

10時から最終の16時まで滑ることもでき、楽しんでいたら、15時過ぎには晴れ間が出てきました。

吹雪ばかりなので、景色が見えなかったんですが、最後の一時間はとにかく景色が最高で、エンジョイすることができました。

チャオ-山が見える

実際、様々な山を見ることができるポイントでもあるので、もちろん晴れた時はとにかくキレイな景色が見えます。

山の天気は変わりやすいと言いますが、急に晴れたりするのも面白いですよ。

ひログまとめ

今回のJRで行くチャオ御岳スノーリゾートプランはとにかく安い。

そしてハマったけど実はまだボードないんだよねって方はかなり良い。

ボードとブーツ自体は少し古めのものでしたが、特に問題なし。

ただ、初心者の人にはパウダースノーが逆にやりずらい可能性もありますね。

最初私もこんなに足が埋まるなんて考えていなかったくらい埋まってびっくりしました。

それでも慣れて来ればやっぱりサラサラ最高!となるはずです。

また、何と言っても運転を全て任せられるこのお手軽感はやばいです。

この平日プランは朝7時発、帰りは名古屋駅に8:00ですので、本当に目一杯一日を遊べる感じになっています。

実際滑られる時間は10時から16時まで。

バスは16:40発なので、結構ギリギリまで滑ることも可能かと思います。

まぁ疲れるので無理かもしれませんが。w

いつも運転手の人もたまには力を借りてのんびりスキー、ボードに集中するのもいいかもしれませんね。

ちなみにウェアも板もブーツもあるんやけど!って方は名古屋駅からバスで6000円台で行くプランもありましたよ。

ただ、残念なことにJRで行くプランはインターネット予約不可なんです…。

私はたまたま名古屋駅に近い場所に住んでいるので、駅のJR東海ツアーズで予約してきました。

是非確実にお得なので、一度どんなものが覗いてみてはいかがでしょうか?

今回のプランのサイト

チャオ御岳 スノーリゾート|京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK