[浜松]浜菜坊の生しらす丼はプリップリで磯の香りを楽しめるさっぱりした贅沢丼!

[浜松]浜菜坊の生しらす丼はプリップリで磯の香りを楽しめるさっぱりした贅沢丼!

以前テレビで、浜松で生しらすを食べる番組を見たことがあったんです。

その時の映像があまりにも印象に残っており、「いつか必ず食べたい!」と思っていました。

そしてついに浜松に旅行に行くことができ、しっかりと調べて冬の時期でも
生しらすが食べられるお店を探して、夕方の開店時間と同時に行ってきました!

それが、今回お邪魔した『浜菜坊』さんです。

スポンサーリンク

生しらすのプリプリ感はすごい!ボリュームがあっても飽きないさっぱり具合が最高!

しらすといえば、スーパーによく釜揚げされたものは並んでいますよね。

実際あの状態でもしっかりした味がついているので私は結構好きです。

ただ、生のしらすというものはなかなかスーパーではお目にかかることができないので、
一度テレビで見てから非常に気になっていました。

生ということは鮮度が非常に重要になってきますので、味もずいぶん違うのでは?
期待に胸が膨らんでおりました。

そして、浜松でしらすを生で食べるには、検索でもトップにくる『浜菜坊』さんが良さそうだったので、今回はそちらにお邪魔することに。

お昼は14時までということで、時間の都合上お昼にはお邪魔できなかったので、
今回は夕方の営業時間である17時ちょうどに入店して食べてきました。

hamanabou-gaikan-02

ちなみに17時ちょうどにきましたが、もう正面の駐車場は満車で、待っている方もいました。

ですので、第二駐車場になんとか止めれたのでよかったですが、
早めの行動が必要かもしれません。

もちろん生しらす丼だけではなく、うなぎフグなど、
とっても美味しそうな海の幸がメニューに並んでいました。

お店に入ってあの方がお待ちかねだった

さて、まずお店に入ってすぐに出迎えてくれたのは、もちろん店員さんですが、
他にもこの方がいました。

hamanabou-suisou

そう!フグです!w

めっちゃ大きくて思わずパシャリ。

そしてカウンター席がある近くのテーブル席に今回は座らせて頂きました。

hamanabou-hashi

hamanabou-tea

ゆとりのあるテーブルで緑茶…。

リラックスしながら待てるといったところでしょうか。

しかもお店のBGMはジャズが流れているという不思議な空間。

和にジャズって初めてでしたが、意外に相性いいんですね。

早速生しらす丼を注文

生しらす丼はメニュー表のトップにあるくらい注文が多いメニューみたいですね。

もちろん主役はうなぎやフグかもしれません。

確実に美味しいだろうなぁ…という写真がずらーっと並んでいました。

うなぎやフグに浮気しそうでしたが、断固生しらす丼!ということで、
速攻板さんに注文しました!

やってきたぞ!これが噂の生しらす丼だ!

そして、お茶をゆったりと飲んでいると、ついにやってきました!

hamanabou-shirasu-01

しらすもたっぷりですし、ネギもたっぷり!

hamanabou-shirasu-02

アップにするとわかるんですが、これでもか!というくらい、
たっぷりのしらすが乗っています。

そしてポイントはうずらの卵ですよねぇ。

卵はまろやかさが増すので、非常に嬉しいです。

見た目もキレイでした。

食べ方ガイドもお盆の上に乗ってきます。

醤油を半周ほどかけて、後はお好みで醤油を足していくスタイルです。

生姜も乗っているので、これを混ぜると、しらすのさっぱり感とうずら卵のまろやかさ、
生姜の良い香りがマッチして本当に喧嘩せずにみんなが引き立っていました。

hamanabou-shirasu-03

しらすを単体で味わった後は、具をしっかり混ぜて食べてみました。

クドい丼物ですと、口に進むスピードはゆっくりになりがちですが、
この生しらす丼は、とにかくさっぱり感が抜群なので、どんどん進みます。

後味もよくて、緑茶とも相性がいいので、最高ですね。

また、丼だけではなく、貝のみそ汁もついてきますので、最後はみそ汁でフィニッシュ!

最高の贅沢でした。

ひログまとめ

しらすは釜揚げしたものしか見た事がなかったので、
生のしらすが大量に丼に乗っていることに最初は大興奮でした。

味は磯の香りを十二分に楽しめる味で、
乗っている全ての具材が相性抜群と言った感じです。

生のしらす?という感じの方は是非、浜菜坊さんで本格的な生しらす丼を食べてみてはいかがでしょうか?

これは病みつきになりそうです。

お店の詳細

関連ランキング:割烹・小料理 | 弁天島駅



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK