[田原方面]いちごガーデンたはらでいちご狩りをしてきた!

[田原方面]いちごガーデンたはらでいちご狩りをしてきた!

いちごの旬は4〜5月だそうですが、愛知県田原市では3月頃から『いちご狩り』が楽しめます。

そう、狩りということなので、一度料金を支払えばいちごを好きなだけ食べることができるので、果物好きにはたまらないイベントですよね。

私はそこまで甘党ではないので「食べ放題とか無理…」なんて思っていましたが…!

行ってみると本当にいちごが甘くてサッパリ!

ですので気づいたら相当な量を食べていました。

気温も暖かくなってきており、とても楽しいイベントだったのでご紹介します。

スポンサーリンク

田原へドライブ!菜の花!いちご!色々楽しめるので充実した一日になるぞ!

愛知県田原市と言えば、愛知県のカニの先端の部分に伊良湖岬があり、その付近ですよね。

私の経験上、年越しで初日の出を伊良湖岬に見に行って3時頃から場所取りをしていてかなり寒くて翌日に風邪をひいた思い出しかありません。w

ですので、あまり自ら行く場所ではなかったのですが、春になってくると菜の花やいちご狩りが非常に有名なようで、今回行くことになりました。

3月になると学生も春休みに突入して自動車の免許を習得する方も増えますので、結構人が多いです。

いちご狩りを確実に楽しむには電話予約をしておくことが重要ですね。

私も今回はちゃんと予約をして(してもらった)行きました。

スムーズに入れてそしていちごもかなり堪能できたので面白かったですよ。

ルールは簡単!お金を払って指定された場所でただいちごを食べまくる!

いちご狩りのルールは非常にシンプルです。

  • 最初に料金を払う(いちごの銘柄も選択することもできるが値段は上がる)
  • いちごのヘタを捨てる袋をもらう
  • 練乳用意!
  • ひたすらいちごを食べる!
  • 「家でも食べたいから」と言って持ち出しは禁止!

以上です。

持ち出し禁止はまぁ普通にバイキングなどの食べ放題でも禁止されていることなので当たり前ですよね。w

とにかく料金を払ったらただひたすら食べる!

これだけなので小さいお子様も楽しめるかと思います。

いちご狩り-howto

またいちごの取り方も最初に大きな看板に書いてあるのでまずは取り方からマスターしましょう!

取り方をマスターすると、本当にいとも簡単にいちごを取ることができるので、取ることも楽しくなりますよ!

小粒のいちごが多いと思い込んでいて、あまりのビッグサイズのいちごにびっくり!

いちご狩りなので、そこまで粒が大きいわけではないと私は思っていましたが…思った以上にサイズがあるんですよ!

いちご-結構大きい

まだまだ青いいちごもありましたが、これだけ人が食べているのに…と思うくらい大量にビッグサイズのいちごが待ち構えております。

そして大きいだけではなくて、本当に甘くていい感じ!

練乳投下!

いちご自体も非常に甘くて美味しいですが、やはり練乳をかけると最高ですよねぇ!

あまりつけすぎると喉が乾いてしまうので注意が必要ですが、基本はそのまま食べて、飽きてきたらあまーい練乳をつけて食べることをおすすめします。

練乳はもちろん無料でかけ放題!

練乳-かけ放題

基本的にいちご狩りでは練乳はかけ放題になっています。

今回お邪魔した『いちごガーデンたはら』さんでももちろんかけ放題になっておりました。

甘党には嬉しいですよね。

ひログまとめ

小さいころに行った…かな?と思うくらいいちご狩りには行っていませんでしたが、久しぶりに行くとおいしくてなおかつ楽しくて…いいですね!

ただ、田原市はいちご狩りだけ行くとそれなりに距離があるので大変です。

せっかくなので他にも菜の花を見たり、伊良湖岬に行ってみたり…と他にもどこかに行くプランを用意しておくことをおすすめします。

私は今回のいちご狩りでヘタをゴミ箱に数を数えながら入れていきました。

すると…ななななんと60個も食べていたのです!

もちろん帰りはトイレに5回は行きました…。

いちごは水分も多いので、たくさん食べるとトイレにかなり行きたくなりますので、到着前にトイレの場所を確認しておくことも重要ですよ!

今回のお店

渥美半島伊良湖岬 田原市のいちご狩り農園は「いちごガーデンたはら」へ! 国道42号線にあるバリアフリーの農園です。



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK