[名古屋・伏見]濃厚つけ麺はこってり!最後はさっぱり鯛ダシ雑炊の『五十五番』

[名古屋・伏見]濃厚つけ麺はこってり!最後はさっぱり鯛ダシ雑炊の『五十五番』

伏見エリアのランチもだいぶどこが美味しいのかわかってきた私ですが、まだまだ大量のお店がありますので、色々なお店にお邪魔しております。

さて、ハマっているつけ麺のお店を探していました。

伏見駅からも徒歩5分圏内で、ランチタイムはサラリーマンにも定評のあるつけ麺が楽しめるお店を見つけました。

今回は濃厚なつけ麺とシメにサッパリで美味しい鯛ダシ雑炊が楽しめる『五十五番/ごじゅうごばん』へ行ってきましたよ!

スポンサーリンク

ガッツリ濃厚つけ麺を楽しんだ後の雑炊は至福の時!ランチタイムのサービスも充実している五十五番!

つけ麺は一度食べるとちょっとの間必要なくなるくらい濃厚なものが多いので、大好きなのですが、連続でなかなかお店にお邪魔出来ていません。w

濃厚なのが嫌いではないですが、やはりボリュームとパンチ力はラーメンにはないものを持っています。
まあそこがつけ麺の魅力なんですけどね。

今回お邪魔した五十五番はもちろんつけ麺も非常に濃厚で、ガッツリ堪能できるんですが、その後のシメを非常に大切にしている感じが伝わってくるお店でした。

私はつけ麺が結構好きなんですが、くどい口のままお店を出たくないんです。w

なので、つけ麺を食べた後は、それこそ雑炊やシメのご飯などで口の味を変えてからお店を出てきます。

シメがたとえ有料サービスだとしても、基本はシメを注文してしまうでしょう。

それくらいつけ麺を食べるにはシメが重要になってきます。

その『シメの重要さ』が五十五番はわかっているようで、私は感動しましたよ…!

まずは店内の様子から!

tsukemen-gozyugo-02

お店の入り口は小さめなので、店内もそれほど大きくないかな?と思っていましたが、奥行きがあり、入り口からは想像出来ないくらい広い感じでした。

基本はカウンター席で、一つテーブル席がありました。

つけ麺のお店はカウンターのみのお店も多いので、テーブル席があるのは珍しい方かもしれませんね。

また、店員さんは非常に活気があって好印象です。

昼間からとっても元気で、ハキハキしており、座っているこちらも気分が良かったですよ。

注文は入り口の券売機で行います。

今回は濃厚つけ麺と腹ペコひログは無駄に唐揚げも注文しました。w

先に冷たい麺か熱盛り(ゆでたままアツアツ)かが選べます。

冬で寒かったので熱盛りにしました。

卵がずらーっと!とっても雑炊が楽しみになる!

tsukemen-gozyugo-03

厨房の近くには『ライス無料!』の文字が!

ランチタイムにライス無料はよくある話なんですが、卵もお一人様ひとつ無料でついてきます。

にしてもそのまま置いてある感が逆に私は興奮しました!w

「うお!すげえ卵ー!」と言う感じでついついパシャリ。

そしてもう一つ魅力的なのはライスは無料なんですが、セルフスタイルですので、『量は自分で決められる』ということです。

これは腹ペコ男子には非常に魅力的な要素の一つでした。w

濃厚つけ麺の登場だ!

tsukemen-gozyugo-04

すいません、唐揚げも写してしまって…。w

つけ麺の重要なスープはなんとIH対応の器で登場です!

これには理由があるので、後でご説明を…。

tsukemen-gozyugo-05

こちらがつけ麺の麺でございます。

コシはまずまずといったところでしょうか?

個人的にコシよりも香りが素晴らしいなーと感心しました。

tsukemen-gozyugo-06

濃厚スープ。

チャーシューは珍しくブロックのように小さめにカットしてありました。

これはつけ麺って非常に麺が太いので通常のチャーシューでは一緒に食べることができません。

このくらいの大きさなら麺と一緒に絡めて食べることも可能なので、良いアイデアだなあと思います。

tsukemen-gozyugo-07

さて、つけ麺のお店に行くと必ずあるつけ麺説明書が目の前にありましたので、こちらもパシャリ。

最初は麺だけを食べるとのことでしたので、実際に麺だけで食べてみました。

先ほどお伝えしたように、かなり香りが良かったのですが、食べるとこれまたすごい。

非常に良い香りと絶妙な食感です。

麺だけでもこれだけ味がするというのは初体験かもしれません。

濃厚スープは魚介の味がたっぷりで、かなり濃厚です。

濃厚すぎるのが苦手な方はもちろん出汁も置いてありますのでご安心ください。

様々な調味料も魅力の一つ

五十五番には調味料もずらーっと並んでおります。

今回はラー油を少し多めに足してみました

tsukemen-gozyugo-08

中華系が好きな私にはこのラー油多めも結構ハマる味でした。

もちろん入れ過ぎてしまうとせっかくの魚介系が負けてしまうのでもったいないですが、その辺りはうまく調整しました。w

あっちなみに唐揚げですが美味しかったです。w

かぼす汁が置いてあるので、つけ麺と一緒に食べていてもサッパリと食べることができました。

シメの重要さを分かっている五十五番の鯛ダシ雑炊はうますぎた

つけ麺を食べ終わった後は想像通り少し口の中がくどい感じでした。

美味しい分しょうがない部分なのですが、やはりさっぱりして帰りたいですよね…。

五十五番のシメはその辺りを非常に理解しているように感じます。

tsukemen-gozyugo-shime-01

こちらはサービスのライスと生卵。

ご飯いっぱいもってきてごめんなさぃぃ。w

朝ご飯抜きだったのでお腹が減って減ってやばかったので…。唐揚げも食べてるのは内緒ですよ。

時間がないサラリーマンのために、調味料の中には醤油も置いてあります。

なので、伝家の宝刀である卵かけごはんにして食べることも可能でした。

でも、私は時間もあったので、濃厚スープを使用して雑炊を作ることにしました。

ただ…もう結構時間が経っているので、スープは若干冷めてますよね?

雑炊をするには卵をとじて、グツグツする必要がありますね…。

そう!だからスープのお皿はIH対応なんですよ!

tsukemen-gozyugo-shime02

なんとテールにはIHが置いてあるんです!w

これはかなり驚きました。

残ったスープに特製の鯛ダシスープがついてくるので、それとご飯を入れて、少し煮立ってきたら卵をとじます。

これだけなので本当に2分もかからずに雑炊は完成してしまいますので良いですよね。

tsukemen-gozyugo-shime-03

こちらが完成した雑炊です!

もう匂いがたまらんのですよ…!

味は、あの濃厚なスープで作ったシメとは思えない程のさっぱり感!

これを演出してくれるのはやはり特製の鯛ダシなのでしょう。

まさかのさっぱり感で、若干無理かと諦めていたライスの量も余裕で食べることができました。

tsukemen-gozyugo-shime-04

ひログまとめ

つけ麺は濃厚で、かなりお腹がいっぱいになる感じです。

また、麺の香りもゆたかなので、麺だけでも美味しさが伝わってくると思います。

そして私の驚きはシメの雑炊!

今までお邪魔したつけ麺のお店でもトップクラスのさっぱり感とうまみ感でした。

シメでも口がくどい…なんて人にはあめちゃんも用意してあるのでよかったらどうぞ!w

今回のお店の詳細

関連ランキング:つけ麺 | 伏見駅大須観音駅栄駅(名古屋)



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK