食べる削り節がしっとり食感で本当に食べられる鰹節だった

食べる削り節がしっとり食感で本当に食べられる鰹節だった

ぶらぶらとおしゃれな雑貨屋さんを見ていると、今回紹介するものを発見したのです。

その名も食べる削り節!

私は本当に鰹節が大好きで大好きで…正月に雑煮に鰹節を大量に入れるのが新年の始まりの行事になっているくらいです。

しかし、「鰹節をそのまま食べるなんて…やめてー」ということをよく言われました。

なんで?うまいのに…?

確かにダシを取ったり、雑煮やおひたしなどにちょっと乗せるだけの脇役かもしれませんが、ガッツリ食べたときのあの幸福な気分になるのは絶対にカツオの『イノシン酸』のおかげ!

はぁ…そのまま食べても誰にも「えー」って言われない鰹節が…あるわけ…あったんです!

それが今回ご紹介するそのまんまの名前ですが、食べる削り節!です。w

スポンサーリンク

あのおひたしに添える鰹節とは少し違う!しっとりした食感で新感覚の削り節!これはクセになるぞぉ!!

もうこの『食べる削り節』という名前を見た瞬間、すぐにレジへ行きたくなるくらい嬉しくて、結局食器などを見に行ったのに購入したのは食べる削り節という…どんだけ鰹節好きやねん!って感じですが、とにかく嬉しかったです。

早速帰りにビールを購入して食べてみることに。

食べる削り節

しっとりしているということだったので、裏側をみるとおにぎりの具材に使ったりパスタに絡めたり…まるでシーチキンのような使い方ができるみたいですね。

そしてフレーズに『生ハムのような鰹節』とあるように、本当にしっとりしていて、海の生ハムって感じです。w

すごいしっとりで、これがやみつきになる

食べる削り節-実食

こんな感じで結構大きめに削ってあるので、確かにそのままおつまみとして食べるのも良いですし、おにぎりの具にしても良いというのがよく分かる感じでした。

食感は生ハム…ではありませんでしたが、しっとりしています!

噛めば噛むほどあの鰹節の旨味(おそらくイノシン酸的な)が出てくるので口の中に結構鰹節を長く入れておきたくなります。w

からのビールだったり、日本酒や焼酎は最高かもしれませんね。

あとはチーズとも相性が良さそうなので、ちょっと洒落た木のお皿にチーズと鰹節を添えて「これなに?」っていう感じを演出するのも良いかもしれません。

「鰹節だよ」

という答えに結構驚くのではないでしょうか?

ひログまとめ

自分が鰹節大好きな人間なので、この商品は本当に嬉しかったです。

ただ、普段食べてる鰹節のパリッと感は皆無ですので、あの感覚で購入されますと、予想外の食感に驚きと苦手な人はちょっとショックを受けるかもしれません。

ですが、慣れてくるとこの食感と鰹節の旨味が本当に美味しく、パッケージにも書いてあるように「あとひく美味しさ!」という感じになります。

少しおつまみにマンネリしている方や昼食のおにぎりに少し変わった具を入れたい方にはおすすめかもしれません。

今度は是非チーズと鰹節でワイン!やってみたいですねぇ!

今回の商品



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK