普通のゴム長靴が欲しくなったら『福山ゴム 軽快長』がいいぞ!

普通のゴム長靴が欲しくなったら『福山ゴム 軽快長』がいいぞ!

私は愛知県に住んでいますが、愛知県も土砂降りになることが最近増えてきました。

去年なんとひざ下までくるような土砂降りの雨も体験しましたが、実は長靴というものを持っていませんでした。

靴って一度濡れてしまうと、なかなか乾きません。

苦労した覚えがあります。

そして今年の四月、愛車を売却したこともあり、徒歩で移動する事も増えてきました。

「雨の日…どうしよう?」と思ったのです。w

最近はオシャレなレインブーツなども販売しています。

しかし、なかなかなお値段がするんですよねー。

私はそこまで長靴というものに対してコストをかけるイメージをしていませんでしたので、出来るだけ安いもの…と考えていました。

そうしたらあったんですよ!Amazonに超お値打ちな長靴が!

もちろん機能は至ってシンプル!

『濡れない』です!w

しかしこの値段なら…と思える商品でしたので、ご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

濡れない!求める機能はまさにこれ!超低価格で嬉しい!

長靴-外観

長靴に求めるもの…やはり第一に濡れないということでしょう。

濡れずに目的地に行く…それこそ長靴の良いところであり、なくてはならない機能だと思います。

私は通勤時しか使用を考えていないこともあり、オシャレなレインブーツを購入する気はありませんでした。

良いものになると軽く一万円を超えるものも存在することがわかり、驚きました。

今回購入した商品はなんと…1500円でもおつりがくる素晴らしい商品です!

開封するとシンプルさに感動!

Amazonで購入すると、プライムも対応しており、あっという間に商品が到着しました。

さて、早速開封してみることに。

長靴-紙

中身は本当にシンプルで、傷がつかないように紙が覆われている感じでした。

開けると若干ゴム臭い感じはしますが…ゴム長靴ですので。w

私は気になりませんでしたが、臭いに敏感な方は外で開封した方がいいかもしれませんね。

長靴-正面

こちらが正面の写真。

どうでしょうか?

本当に普通の長靴ですよね。w

長靴に足を入れる部分に今はヒモがあってキュッとできるタイプもありますが、今回の商品である『軽快長』はありません。

まさに軽快に動けるポイント…というかシンプルな作り。

機能がないだけやん!

と思われるかもしれませんが、作りは非常にしっかりしています。

本当に驚く程しっかりした作りなんですよ。

使用する時はやはりハードに使う事も予想されます。

その辺りもしっかり考えられていますね。

グリップ

あと、雨の日にもう一つ求める事がありますよね?

そう!スリップ防止です。

コンクリートはまだマシですが、ちょっとツルツルした床だと、雨の日は足を取られてしまうことがあります。

サンダルではいつも分かっていてもツルッとしてしまいます。

しかし、快軽長はその辺りもいい感じです。

グリップ力は一応昨日、今日と大雨だったので使用しましたが、スリップすることはありませんでした。

長靴って通常の靴よりスリップしやすいイメージがありましたが、この商品はグリップ力も定評があると思います。

実際に雨の中を歩いてみた

実際に長靴使用

なかなか雨が降らなかったので、使う機会がありませんでしたが、ついに雨が降ったので、いつぶりだろう?

小学生以来かもしれない長靴を履いてみました!

「本当に水が入らねえ…」

当たり前ですが、歩いてみて、長靴の威力に圧倒されました。

何故、今まで「ちょっとかっこ悪いから…」と思っていたのだろうか…。

歳をとったのが、格好より、機能に走ったのかもしれません。w

ですが、足が濡れないと、こうも体調がいいというか、気分的に楽なのか…と思うくらい感動です。

長靴を持っていない方は是非、『ダメ元』で良いので一度履いてみてください!

これ…やばいっすよ!w

快軽長を購入して気づいたこと

ネットで靴を購入するとき、一番気になるのは、やはり『サイズ』でしょうか?

靴によって、サイズは同じでも全く履いた感じがわからないのが心配になる部分です。

今回購入した快軽長は少し大きめに作ってある…と思っていいと思います。

私は普段履きの靴は25.5センチを購入していますが、今回は思い切って25センチを購入!

長靴はキツめのがいいのかな?と思っていたので、自分的にはかなり思い切ったつもりでしたが、これが結構余裕があって「ちょうどいい」という感じ。w

ですので、普段履きより少し小さめで考えた方が良いと思います。

あまりぶかぶかだとクツズレになってしまう可能性もあるので、参考までに。



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK