MacにDVDプレイヤーをつけるならLogitecのUSB3.0対応モデルが良い

MacにDVDプレイヤーをつけるならLogitecのUSB3.0対応モデルが良い

iMacを購入して早一年半以上経過してしまいました。

iMacで唯一不便に感じたことは、何と言ってもDVDなどを再生するには別売りのポータブルDVDプレイヤーが必要ということでした。

…まぁ自宅にテレビもあってそちらでDVDが再生できるので必要ないか!ということで特に購入する機会もなく…音楽もCDから取り込むということが皆無でしたので、なかなか購入する機会がありませんでした。

しかし、この度自宅に光回線を導入することになりまして、説明を読んでいるとセットアップ用のCDから設定を行うということがネットに書いてありました。

「俺、CD読み込めねぇやん。」

ということで、すぐに購入しなくてはいけない状態になり、今回の商品にたどり着きました。

スポンサーリンク

とにかくこだわらなければこれほど安く手に入る!驚きの低価格で安心のUSB3.0対応モデル!

先に結論から言ってしまうと、USBポータブルDVDってこんなに安くて品質も問題ないのか…。

ということです。

今まであまり興味がない分野でしたので初めてアマゾンなどで調べましたが、機能にこだわらなければ(例えばブルーレイ対応など)ものすごい低価格で購入できてしまうのです。

そして今回購入したLogitecのUSB3.0に対応したポータブルDVDプレーヤーはアップル製品にとても合うデザインで大変満足しております。

早速紹介していきましょう。

デザインがとにかくオシャレ。うん。オシャレ。

何が気に入ってこの商品を購入したかと言いますと、何と言ってもデザインです。

アップル製品を買うとやたら純正の商品が欲しくなります。

なぜかってやはり純正はどの商品もマッチするから。

なかなかサードパーティ製品では「うーん…」というものが多いものです。

ですが、今回購入したLogitecのポータブルDVDプレーヤーはデザインがMacのために開発したのではないのか…と思ってしまうほどキレイな仕上がりです。

Logitec-DVD-外観

色は三色用意されており、シルバー、ブラック、レッドのラインナップ。

Apple製品にはやはりシルバーがおすすめですね。

ちなみにブラックもいい味だしてます。

Logitec-DVD-箱裏面

こちらが箱の裏になります。

Windows用に様々な説明が書いてありますね。

Logitec-箱の中身

ちなみに箱の中身はセットアップ用のCDと取扱説明書、あとは本体、USBケーブルといった形です。

ここがポイント!

Windows用にセットアップ用のCDが入っているとお伝え致しましたが、Macはどうするのか?ということです。

これが本当に超簡単なんですよ…。

なんとUSBを差すだけ!

これだけですぐにDVDも見れますし、CDから音楽を取り込むことも可能なのです。

これだけ簡単だと説明書とか読んでいると頭痛が…なんて人にも楽でいいですよね。

実際にセッティング

さて、届いたので早速セッティングしてみました。

Logitec-セッティング

やはり、シルバーがMacと非常に相性がよくて、安っぽさを感じさせません。

値段もこんな低価格なんだ!と驚くほどの値段ですし、これだけデスクに溶け込んでしまうとは素晴らしい。

Logitec-ワンタッチ操作

操作も簡単でワンタッチ操作です。

ボタンを押すと中がバシャ!っと飛び出してきます。

結構このバシャ!って感が癖になりますよ…。w

そして実際の使用感ですが、読み込む際はまぁこんなものなのかな?って感じの音は鳴ります。

ブイーン…ガシャ!って感じです。

ですが、例えばDVDで映画を見ているとしても読み込んでいる音は全く気になりません。

なので、使用するだけなら全く問題ないといった形でしょうか。

ちなみに…。

Logitec-DVD-トラックパッド

このLogitecのDVDプレーヤーはなんとトラックパッドが乗るんです!w

しかもジャストサイズ…。

ですので、私はパソコンを使用しないときはトラックパッドをこのDVDプレーヤーに乗せてデスク周りをキレイしています。

ひログまとめ

値段が安いので正直最初は心配もしましたが、以前に比べてパソコンにDVD、CDを読み込む機能がないものが増えてきたこともありUSBポータブルDVDプレーヤーも値段が下がってきているのかもしれませんね。

私はテレビのほうでブルーレイが見れますので、今回の商品はブルーレイ未対応モデルを選択しました。

ブルーレイ対応モデルですと、少し値段も上がりますが、どちらも満足できる作り、機能なのではないかと思います。

今回の商品・関連商品



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK