Apple製品初心者だった私がiPadを半年使って感動した4つのこと

Apple製品初心者だった私がiPadを半年使って感動した4つのこと

どうも!ひログです。

今回はApple初心者だった私がiPadを購入して約半年経ちましたので今どのように使っているか?どういう場面で使うのか?を紹介したいと思います。

とりあえず、iPadの機種説明は検索すると山のように出てきますし、Appleのホームページを見ると、とても欲しくなる説明がしてあるのでその辺りは省いて、「実際に使ってみてどうなの?」という話をしたいと思います。

スポンサーリンク

【購入動機】

私が購入したiPadは『iPad RetinaディスプレイWi-Fiモデル 64GB』です。

 

まず、購入する以前は、自宅にパソコンがありませんでした。

名古屋に引っ越してきて、実家に以前使用していたノートPCを置いてきてしまったので、超アナログ人間でしたw

しかし特にPCが欲しい訳でもなかったですし、実家もそれほど遠くなかったので、帰った時に少しパソコンさわれればいいやーって感じでした。

ただ、趣味のダーツの動画を見る時や、何かを検索する時にどうも物足りないなぁ…と思い始め、手軽なタブレット端末が欲しい!という思いが強くなりました。

Apple初心者と言っても、以前はiPhone3GSを持っていましたので、Appleの魅力は若干分かっていました。

ですので、まずApple製品のiPadに目をつけました。

しかし当時「出来るだけ小さいタブレットがいいなぁ」と思っていたので、まだ発売されるかわからない『iPad mini』を待っていました。

ですが、一度AppleStoreに見に行こうと思いこの『iPad RetinaディスプレイWi-Fiモデル』をさわりに行きました。

そこで人生が大きく動き始めたのです…!

【感動1☆画質に大興奮】

AppleStoreに行った私はとりあえずiPadRetinaディスプレイモデルをさわって見ました。

「なんだこのサクサク動く感じは!!」っていうのが始めてさわった感想です。

本当に動作がサクサクで、今までカクカクに動くものしかあまりさわったことがなかった私には衝撃的でした。

とにかく何をするにも速い速い!アプリの起動も一瞬ですし、Wi-Fiも高速で、検索がこんなにもスピーディーに出来るのかと興奮しました。

そして何よりも驚いたのは画質です。

私は旅行や今日は写真を撮りたい!と思った日はNikonの『COOLPIX P7000』を使っています。

やはり良い思い出は良いカメラで残したいからです。

ただ、実際にPCで見てみると意外にキレイに画像として見れないことが良くありました。

しかし、『iPad Retinaディスプレイ』は誰もが驚く最高の画質です。

Retinaディスプレイの詳しい情報はApple製品に定評のあるおみつログ13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの『開封の儀』&徹底レビュー』の中で紹介しています。

画面ではなく本当にそこにその物があるんじゃないかと何回思ったことでしょうか。

AppleStoreでさわった時もサンプルの写真を見て度肝を抜かれました。

それだけ私が求めていた画質が搭載されていたのです。

今では友人に写真を見せる際もこのiPadを使用しています。

手軽に持ち運べますし、友人に見せて「すげえ!」と言われるのが快感にもなりました。w

写真を取り込む時はLightning – SDカードカメラリーダーを使用しています。

 

この商品より安く機能が充実したものがたくさん出回っていますので、あえてオススメしませんが、旅行先でパッと写真を取り入れて、写真を加工してSNSに載せるのも楽しい要素です。

【感動2☆バッテリーの持ちがすごい】

スマートフォンの欠点と言えばバッテリーだと思います。

少しいじっているともう50パーセント充電が切ってる…何てことも日常茶飯事ですよね。

私は最近iPadとスマホを使い分けているので、バッテリーはほとんど気にならなくなりました。

特にiPadは充電の持ちが半端なくいいんです!

アプリでゲームをしたり、Safariで検索したり、動画を見たり…やりたいことは山のようにありますよね。

私はその全てをこのiPadが叶えてくれました。

最大バッテリー駆動時間は10時間です。

冷静に考えてください。仕事だって普通に働けば8時間で休憩をいれても9時間くらいです。

それ以上の10時間をこのiPadは働いてくれるのです。「なーんて働き者なんや!」と感動しました。

おかげで外出先でマップを見まくったり、カフェで日記を書いたり、写真を撮りまくっても一日持ってしまうのです。

このバッテリー駆動時間は今現在ダブレット端末でもトップクラスです。

バッテリーがここまで持つのに画質は最高で動作もサクサクなので本当にびっくりです。

そして以前huluの記事を書きましたが、普段私はiPadで動画を見ます。

海外ドラマは夢中で何話も連続で見てしまいますが、5時間くらい見てもまだ半分程のバッテリーが残っています。(個人差はあります)

おかげで急に暇になった時でも本当に助かっています。

バッテリーが持たなければ最高の品質でもただの板になってしまいますので、私が購入を決めた最重要ポイントかもしれません。

【感動3☆アプリの充実】

最近Androidでは結構悪徳アプリで個人データを抜かれてしまう事件も多発しています。

AndroidはAppleに比べ気軽にアプリ開発ができるそうですが、結構危険も潜んでいます。

アップルのアプリも危険がないわけではないかもしれませんが、アプリの審査も相当厳しいみたいです。

簡単に言えば品質に相当こだわっているんですねー。

まだまだ私もアプリは使いこなせてはいませんが、魅力的なアプリは山ほどあります。

なんせ30万ものアプリケーションがあるので、本当に毎日appStoreでアプリを見ていても飽きません。

そして最高の画質のRetinaディスプレイに対応したゲームアプリも最近とても充実してきたので、最高の画質で手軽にゲームもできます。

アプリに関してはまたひログで紹介したいと思います。

【感動4☆シンプルなのに素晴らしい操作方法】

スマホもタブレット端末もタッチパネルを搭載しているので、指でタッチして操作しますが、結構反応が悪かったりしてイラつきませんか?

私がiPhoneを使っていた時から感じていたのですが、アップル製品は本当にタッチパネルの感度が良いです。

半年使っていますが、特に操作法でイライラした記憶がありません。

タッチパネルでのキーボード操作も画面が大きいため、全く苦になりません。

慣れるとタッチパネルでも相当早いスピードで文章作成ができます。

ひログを書くときも急にネタが降ってくる時があるので、iPadで文章を作成する時もあります。

そして何よりもとても魅力的な簡単な操作があります。

人差し指と中指でズームが出来るのはもはや当たり前ですが、すぐに他のアプリを使用したい時などにホームボタンを使わずに五本の指を全て画面にタッチして、外側から内側に持っていくと即ホーム画面に戻ります。

また、五本の指を画面にタッチして左に目一杯動かすと今起動しているアプリから前のアプリをすぐに呼び起こすことも可能です。

この操作があるためすぐに検索などに移ることも簡単に出来るため、重宝します。

Apple製品の操作は本当に細かいところまで工夫しているなぁと感心します。

【番外編☆iMacを購入してその凄さがわかったiCloud】

iPadを購入して以来すっかりApple製品にハマってしまった私ですが、ついにiMacも購入してしまいました!ってへw

ついにアップル製品が二つになりiCloudが機能するようになりました。

とりあえず…雲さんすげえw

 

hilog-iCloud

 

本当に写真などもiPadで撮ってすぐにMacに送られますし、メモ帳やカレンダーの記入も勝手に同期してくれるので、とても助かります。

本当に便利な世の中になったなぁ…と感心しっぱなしです。w

ひログまとめ

ざっと簡単に説明しましたが、いかがでしたか?

約半年さわった感想としては、なくてもいいけどあると人生が楽しくなるものだと思います。

最近は無料Wi-Fiスポットも増えてきましたので、都心の中心に行く人はWi-Fiルーターがなくても何とかなりますし、そう出ない方も携帯の通信会社と契約すれば怖いもの無しです。

またひログでもどんどん魅力を紹介していこうと思います!

 



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK