スターバックスで仕事や勉強がはかどる理由5選

スターバックスで仕事や勉強がはかどる理由5選

最近はとにかくスターバックスでブログを更新する率も高いんですが、勉強するのにもいいなあと思い始めました。

理由は人それぞれあると思いますが、個人的にこの5個の魅力があるため、スターバックスを選んでいるような感じなので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スターバックスはノマドするにも、勉強するにも快適空間だ!

高校時代は無駄にスターバックスへいくことがありましたが、よく考えるとその後は、あまり行かなくなっていました。

というのも、スターバックスでゆっくりするということが今までの自分にはあまりなかったためです。

ただ、最近自分の生活スタイルも変化してきており、興味を持つ分野も昔と変わってきました。

そして、パソコンを外に持ち運んで作業するということも増えてきて、様々なカフェにも行きましたが、やはりスターバックスが一番落ち着くし、安定感があるな!という結論。

何と言ってもカフェメニューは充実していること

当たり前のことかもしれませんが、とにかくスターバックスはメニューが充実していますよね。

期間限定で発売される商品も多く、必ずと言っていいほど、その人の好きなメニューがあるものです。

ちょっと通い慣れている人は様々なトッピングや小技も駆使してスターバックスを利用しています。

それだけくつろぐために飽きさせないメニュー作りになっていることが一つの理由です。

スターバックスのタンブラーがお気に入り

地方に行くと、その地方のスターバックスでは限定のタンブラーが販売されています。

これはすべての都道府県というわけではないですが、様々な種類があります。

以前は韓国のスターバックスのタンブラーを持っている人も見かけました。

旅行に行った友達にタンブラーを頼んでおいて、頂くととっても嬉しいですよ。w

私も友人から頂いた横浜のスターバックスタンブラーがお気に入りで、出かける時は持っていきます。

starbucks-00

ご存知の方ばかりだと思いますが、タンブラーにドリンクを入れてもらうと、環境保全ということで20円割引になります。

これが意外にうれしい。

ちょっとオシャレなタンブラー片手にさらに割引もしてもらってなんだかいい気分で店内でくつろぐこともできるのが私の中で大きいです。

安定のコンセント設置

残念ながらコンセントがない店舗もありますが、名古屋市中区栄エリアのスターバックスには大抵コンセントが設置してあります。

不安だったら店員さんに「コンセントありますかー?」と聞いてみるのも手ですね。

starbucks-01

充電切れほど悲しいことはありませんので、一店舗に5個程度コンセントが設置されています。(ひログ調べ)

ゆっくりするためにも、ありがたい工夫の一つです。

平日はサラリーマンの方などが多く使用している印象です。

土日は席は学生の方などが携帯を充電している姿も見られますね。

様々な用途に使用できる環境づくりがありがたいです。

意外に知らない?超便利なスターバックスのWi-Fi

これが私の中で最重要ポイントかもしれません。

スターバックス店内でスターバックスのWi-Fiが使えるのはご存知ですか?

これがまた超快適なんですよ。w

ただ、安全なわけではないので注意も必要です。

ちゃんとセキュリティ対策をしておかないと、あまよろしくないので、できるだけセキュリティ対策は万全にしたほうが良さそうですね。

つい無防備になってない? 公衆無線LANを安全に使うための4つのコツ : ライフハッカー[日本版]

 

 

 

特にドヤリングなんて言葉があるように、スターバックスでパソコンを広げて作業をすることは、あまり良い意味で取られていません。w

なので、出来るだけセキュリティ対策をして、快適にWi-Fiを使用することをおススメします。

気配りが素晴らしい店員さんには本当に頭が下がる

スターバックスの店員さんはとにかく気配りが素晴らしい。

ちょっと寒かったりすると、「熱めで提供しましょうか?」なんて当たり前のように声をかけてくれる。

とにかくこちらとしては気持ちがよくなるサービスが充実しているなあという印象。

普段あまり店員さんとはおしゃべりしないが、スターバックスの店員さんとはちょろっと話してもいいかな?という気持ちにさせてくれる。

まとめ

Wi-Fiについては賛否両論あると思いますが、使える物はしっかり安全対策をして使えば何も問題ないと思います。

メニューも豊富で平日は人がそこまで多くない店舗も探せばあるので、集中して何か取り組む時には快適でしょうがないっす。

これからもスターバックス使っていきますよー。



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK