岐阜県多治見市の古民家が魅力的な『茶と間 花蓮/ほわれん』へ行ってきた!

岐阜県多治見市の古民家が魅力的な『茶と間 花蓮/ほわれん』へ行ってきた!

少し岐阜県多治見市に用事がありましたので、せっかくの機会!ということで、多治見市のカフェに行きました。

多治見市は気温が高くなることが結構有名ですが、川や山に恵まれており、景色なども絶景ポイントがあります。

そんな中!

今回は景色が最高で古民家でお茶を飲むことができる至れり尽くせりの場所!『茶と間 花蓮/ほわれん』へ行ってきましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

岐阜県のカフェに行くのは初の試み!花蓮いいぞ!

京都などでは川沿いにこれでもか!というほどオシャレなカフェが立ち並んでいますが、愛知県はそれほどそういう場所がありません。

庄内川など大きすぎるためまわりに何もカフェなどはありませんからねー。

岐阜県多治見市は名古屋市から下道で約1時間半ほどで到着します。

多治見市は市としてもかなりアツい場所ですよ!

多治見市と言えば何を想像しますか?

私は夏場の最高気温がとても印象に残っています。

埼玉県熊谷市もよく全国ニュースで気温が35度を超えている!などの報道がありますが、多治見市も負けていません。

多治見市は2007年に日本の最高気温の最高記録!気温40.9度を記録しているのです。(熊谷市も同じ日に同じ気温を記録)

多治見市はアツいやろ?

暑過ぎます。w

しかし、暑いからこそ今回紹介する『茶と間 花蓮』はかなりお勧めしたいところです。

川沿いに佇む、日本を味わいながら中国茶を…

まず花蓮の読み方はほわれん、もしくはふぁーれんと読むそうです。

この花蓮は中国茶やチャイ、紅茶などのメニューや軽食やお茶菓子をメニューとしているお店です。

DSCN1499

入り口は古民家!って感じですが、まわりにも同じような住宅がたくさんあるので、少々分かりづらいかもしれません。道に迷って多治見市から土岐市に行ってしまったのは秘密!!!

DSCN1500

JR中央線の本当にすぐそばにあります。

スクリーンショット 2013-05-11 18.20.01

そしてこちらの赤い傘に注目!

必ずこれを目に焼き付けてください!

これが今回お邪魔させて頂いた『茶と間 花蓮』の目印です!

ちなみに傘が開いている時営業閉じている時休業なんだとか。

※今回店内の写真はありません。

撮ることも出来ましたが、店内の撮影は禁止ということでしたので、それを考慮して控えさせて頂きます。

どうしてもカフェの店内が見たい方は、食べログ等でご覧下さい。

しかし店員さんに食品の写真は許可を頂きましたので、写真をアップさせて頂きたいと思います!

ライチティーはさっぱり!ケーキもサッパリで気分も最高!

私は中国茶やチャイというものには本当に無関心で全く知りませんでした。

チャイとは、インドでは『お茶』という意味だそうで、インド式の甘いミルクティーだそうです。

中国茶も奥が深そうで、ちょっと今回はどうしようかなあと迷ってしまったので、私は一番自分が理解出来る紅茶を注文しました。

といっても普通の紅茶ではありません。

今回は『ライチティー』を注文してみました。ちなみにアイスかホットを選択することができますよー!

また、とても気になる『豆腐のチーズケーキ』というメニューもありましたので、注文しました!

DSCN1501

さーて注文したメニューがきましたよー!

ライチティーはミルクはなく、シロップはお好みで…という形でした。

ライチティーはシロップがなくてもかなりいい感じでライチの香りが鼻を抜けていきますので、不思議と甘さを感じます。

暑い夏場には最高に良いかもしれませんねー!

DSCN1502

さーてお次は豆腐のチーズケーキです。

少しケーキに気泡が入っているところが豆腐っぽさを感じますね。

食べてみると…

不思議!確かに豆腐の味がしっかりとするんですが、後味はがっつりチーズケーキです!

結構私はチーズケーキが好きなので、気に入りました!

フォークでケーキを切る時は確かにケーキというより豆腐です。若干心配にもなりましたが、後味が完璧にチーズケーキで驚かされました。

とても満足のいくデザートタイムでしたよ!

景色がとにかくやばい!

今回店内の写真はありませんが、あまりにも店内から見る景色が絶景なので、座った場所から見える背景はアップしようと思います。

DSCN1504

窓には双眼鏡が置いてありこちらを使用すると川にいる魚などもくっきりと見ることができます。

お邪魔させて頂いたときはかなり緑が鮮やかで本当に癒されました。

ひログまとめ

店内もとってもレトロな感じが漂っており、それこそ歴史博物館でしか見れないような昭和の机でお茶をすることもできます。

カフェは店内のインテリアを楽しむのもありますが、それ以上に景色が素晴らしいので、とっても開放的な気分になることが出来るかもしれません。

時を忘れて景色を楽しむ…そんな優雅なひと時をこの『花蓮/ほわれん』で過ごしてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

営業時間

水、木、金曜日

11:00〜18:00(ラストオーダー17:00)

土、日曜日

11:00〜21:00(ラストオーダー20:00)

定休日

月曜日、火曜日

駐車場

マップ

岐阜県多治見市東栄町3-74-1

公式サイト

茶と間 ■花蓮 ■ほわれん  



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK