食事のマナーでこれは嫌だ!と思われる10個をランキングから分析してみる

食事のマナーでこれは嫌だ!と思われる10個をランキングから分析してみる

食事のマナー…。

みなさん気にして生活していますか?

私はそれほど細かく注意されずに育ってきました。

ただ、おかげで嫌いな物とかもほとんどなく、食事の時間が最高に楽しみです。

親には感謝しております。

が!しかし!

小学生の頃、アイスクリームの食べ方が気持ち悪くて、何度も注意された記憶があります。

そしてそのクセって大切な場などで出ちゃうんですよね…。w

私はまだ友人宅だったのでよかったですが、恋人の前だったら…と思うと死にそうです。

どんな食べ方かを説明しますと、みんなこのブログを読んでくれなくなりそうなので、控えさせて頂きます。w

自分はのびのび生活しているものの、急に他人の食事マナーが異常に気になることってありませんか?

気になりだすともうどうしようもない!

今回はgooランキングの『どうしても我慢できない「他人の食事マナー」ランキング』というものがありましたので、
そちらを参考に私もマナーについて勉強しようと思います。

ちなみにアイスを口に入れて、アイスを口から出してスプーンに乗ったアイスを眺める食べ方はもうしてません。

あっ!言っちゃった…。

スポンサーリンク

食事の時は無意識に出やすいクセ!自分のクセを理解しておかなければ、必ず大切な場面で出てしまうぞ!

とにかく私が一番気にしているのは食事の時のマナーです。

一人でいる時間は、あまりマナーなどを意識したことはありませんでしたが、気を抜いていると、変なクセが当たり前になってしまいます。

これが大切な時に出ると厄介なので、今は一人で外食に出かける時も何気に注意しています。

みなさんは変なクセありませんか?

私は先ほどお伝えしたようにアイスの食べ方が変だったので、中学生前に改善しました…。

あのまま大人になっていたら、今友達がいないかもしれません。w

みんなで食事をするときは気持ちよく食事をしたいものです。

なので、嫌われる食事のマナーを10個抜粋して、私も勉強したいと思いますよ。

第10位 肘をついて食べる

これはよく注意される項目ですよねー。

日本では肘をついて食べるのがマナー的によくないということが一般的ですね。

というのも小さい頃にテーブルが高くて、ついつい肘をついて食べてしまうことがあると思うんですが、それに慣れてしまうと、大人になった後直すのに苦労してしまうことがあるみたいです。

私は自然に肘をつかない食べ方をしていましたので、今も肘をついて食べることはないです。

よかった…。

第9位 箸で食器を叩く

箸って手軽で持ちやすくて、ついついドラムのバチをイメージしてしまい、器を叩くことがありますよねー。w

小さい頃やったことありました。w

今はさすがにありませんが、これも注意されましたね。

これは叩き箸といって嫌い箸の中に該当します。

箸のマナーって驚く程たくさんあってビックリしますが、この箸で食器を叩くというのは、食器を叩く音で人を呼ぶというあまりよろしくないところからきているようです。

なのでドラムのマネがいけないというわけではないみたいですが、やめたほうがいいでしょうね。w

第8位 バイキングで食べきれない量の料理を取ってきて残す

これはちょっとギクっと来ましたが、よくやっていたかも…。

バイキングといえばとにかく食べまくりたいので、ついついたくさん取ってきてしまいますが、嫌だと思われていたんですね…。

確かにお店側からしても嫌ですし、周りからしても、「計算して動くことができないのかも…。」と思われてるかも。

最近はよく噛んで食べることを意識しているのであまりバイキングに行くことがなくなりましたが、これからも行く機会は必ずありますので、できるだけ計算して持ってこよう。

あまりこの食べきれない量を持ってきてしまうことはないんですが、私の場合は、バイキングでもとにかく同じ物を食べてしまうというのがあるんですよね。w

昔、海鮮バイキングで、様々なお刺身や他にもたくさんの種類があるにも関わらず、私はひたすら甘エビばかり食べていたこともあります。

そういうのもやめてほうがいいのかなぁ…いや…でも…。

第7位 テーブルや床に食べ物をこぼしすぎる

これは、最近気づいたんですが、食べる瞬間に上を向いてしまうことが多い人はこぼれる確率が高い気がします。

食べる物を口に平行に持ってくると全然こぼれません。

私はこぼすのが非常に勿体ない!!!!というか全部食べたい!!!

というくらい食いしん坊ですので、あまりこぼすことはないかもしれません。

ただ、食べにくい料理なんかもありますので、この辺りも注意しておきたいですね。

第6位 口に食べ物が入ったまま話す

これ、たまにいますねえ。w

っているか私も酔っ払い始めるとやってしまっているかも。

普段は食べている時に話しかけられると、必死で飲み込もうとするため勝手に変顔になります。

なので「いいよ!焦らなくて…」なんて言われることもあるかも…。w

これは後に紹介する第1位を誘発することなので、やめておきましょう。

第5位 まだ食べている人がいるのに、自分が食べ終わったらタバコを吸い始める

最低!

大っ嫌い!!

まあ喫煙の場所なら仕方ないです。w

居酒屋などは仕方ない。うん。仕方ないよ…。でも…うん…ね…。

第4位 食事中でも携帯・スマホを手放さない

一人の方はこのクセがついてしまうことが多いかもしれませんね。

私もついつい見てしまうことがありますが、食事中は見ない!これは断固続けております。

ツイッターとかチェックしているとあっという間に食事が冷めてしまうので…。

食事中はおいしい食事に集中したい!というのが本音ですけどね。w

第3位 食事中にゲップをする

医療・福祉関係の仕事をしているとこれは当たり前のように毎日あるので、慣れていますが、やはり嫌な気持ちにはなりますよね。

仕事は仕事で割り切ってるので余裕なんですが、普段せっかく食事をしているときに隣りでゲップされたらキツい。

ということでこれは3位というなかなか上位に食い込んできました。

第2位 すぐに「まずい」と言う

これは個人的にですが一番嫌いかもしれません。

例えばコース料理を食べているときなんかに自分が美味しいと思っている物を目の前で「まずっ」なんて言われたら、もう美味しく食べれませんよね。w

私の味覚はなかなかストライクゾーンが広いので、まずいということはあまりないですが…。

自分の味覚も大切だと思います。

しかし、周りはこういう発言なんかも見ている…ということを頭に入れておきたいですね。

第1位 クチャクチャと音を立てて食べる

eating-mana-1

多分これは食事マナーのランキングで常に1位を突っ走れそうなものですよね。

残念ながらこのように食べてしまう方は意外に多いと思います。

牛丼屋に入ると一人はこの食べ方しているときもあります。w

でも、この食べ方をしている方は意外に自分では気づいていないんですよね。

このクセというのは本当に怖い。

気をつけたいです。

ひログまとめ

日本って意外にマナーを覚える機会って少ないですが、気にしている人って想像以上に多いですよね。

実はみんなマナーを気にしているんです。

ただ、学校で少し習うくらいで、なかなか覚える機会はありません。

ですので、私生活から気をつけて行動するのが一番ですね。

食事マナーを改善する方法の一つとしては、毎回美味しい物を食べるということです。

私はとにかく美味しい物が大好きです。

そのおかげが、「食いっぷりがいいね!」なんて褒められることも。

マナーを覚えられなかったら「うまい!」ってことを表現したら不思議とうまくいきます。

是非お試しあれ。

以上、アイスは普通に食べるようになったひログがお届けしました。



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK