洋楽に疎い私がiTunesを使ってヒット曲を探している方法

洋楽に疎い私がiTunesを使ってヒット曲を探している方法

Photo:wee man in cans by mjtmail (tiggy)

私の弱点と言えば、まさに音楽。

曲を聴くことが嫌いとかそういうのじゃなく、全く最新の曲についていけないんです。w

気づいたら同じ曲ばっかり100回くらい再生していたり、
特に新しい曲を聴いてみようと思わなかったり…。

そんなスタイルを中学生から変えずにいたら、大変カラオケで苦労するようになりました。

でもまだ日本の曲はある程度「聞いたことあるなー」って感じなので大丈夫なんですが、
洋楽に対しては本当に弱い。

Googleでわざわざ必死でランキングを調べるのもどうかなぁ…と思っていて、
とりあえずほぼ毎日ひらくiTunesでヒット曲を探すことを思いつきました。

この方法をやり始めてから、
何気に今流行っている曲はある程度分かるようになりました。

スポンサーリンク

iTunes Storeは日本だけじゃない!アメリカのiTunes Storeで私はヒット曲を探している

ふらーっとiTunes Storeで曲を見ることはありますが、
良く買う曲って大抵私の場合、洋楽なんですよね。

日本人アーティストの曲はレンタルとか…そんな感じでアルバムごと入れることが多いんですが、
洋楽は結構単発でお買い物します。

結構リズムとかをメインに聴く方はアルバムで購入しちゃうと、
洋楽はハズレることも多々ありますよね。

しかし、日本のiTunes Storeは日本人アーティストと
ごちゃまぜにランキングがなっていて、トップランキングで洋楽を探すには少し不便です。

もちろんPopで見ればある程度分かりますが、
何気にK-Popとかも入ってきちゃうので、少しランキングが見づらい…。

そんな方は是非アメリカのiTunes Storeでヒットしている曲を探してみて下さい!

1分以上再生出来ますし、これが結構ためになるので、私は重宝していますよ。

基本は日本のiTunes Storeになっているので国を変更してランキングを見てみよう!

国の変更は非常に簡単!

さすがiTunesと言った感じです。

ただ、Apple IDは国ごとに異なるので、アメリカのiTunes Storeで
日本のApple IDで曲が購入できないのは悲しいです。

まあ仕方ないですけどね。w

お金のレートとか絡んじゃいますし…。

さて、早速変更していきましょう!

mac-iTunes-02

MacなどPCでiTunes Storeを見てみると、
一番したのフッター部分に『国を変更する』という項目があります。

そちらをクリック。

mac-iTunes-03

アメリカは(United States)は一番上にありますので、
そちらをクリックするだけで簡単に国を変更することが可能です。

日本に戻す場合もアメリカのiTunes Storeのフッター部分の
『Change Country』で日本に変更可能です。

mac-iTunes-04

そしてアメリカのiTunes Storeに無事にこれたら、注目してほしいのはサイドバーです。

こちらに『TOP SINGLES』という項目があります。

その部分をクリックしてみましょう。

mac-iTunes-05

『TOP SINGLES』をクリックするとなんとシングルのランキングがTOP200まで見ることが出来ちゃうのです!

もちろん購入ランキングですので、ビルボードチャートなどとは異なりますが、
それでも200位まで見れるのは素晴らしい!

そして何より、どの曲も1分以上再生可能なので、サビ以外のメロディなども聴くことが出来るので、
自分のお気に入りの曲を探すのに最適ですね。

そしてアメリカ版のチャートということもあり、何だか日本より最先端な気分になります。w

私は結構この方法でランキングからお気に入りの曲を探すことが楽しくなっております。

ひログまとめ

もちろんヒットしていないから聴かないなんてことはなくて良いと思いますし、
断固一部のアーティストの曲しか聴かないというのもありだと思います。

実際私もそうですし…。w

でも、洋楽についてはある程度色々かじりたいなあという気持ちがあるので、
このiTunes Storeを使用してランキングを確認するようになりました。

残念ながらその場で購入することができないので、日本のiTunes Storeを隣りのiPhoneで開いておいて、検索してます。w

でも、ラジオなどでこのランキングで知った曲なんかが流れると非常にニヤけると言いますか、ノレるので嬉しいです。

洋楽の流行の曲をお探しの方は一度試してみて下さい。

関連書籍



スポンサーリンク


もしも記事を気に入って頂けたらシェアをお願いします。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK